心の杖

人は誰も、怪我をしたり歳をとったりすると、杖がいる。杖があれば、足腰の具合が悪くても、一人で出歩くことができる。同じように、人は誰も、心を支える「心の杖」がいる。

今朝、車を運転しながら聞いたラジオで、いい話を聞きました。病弱故に家に閉じこもりがちだった人が、中国の楽器が大好きになり、名人について演奏法も学んだ。その人は、その楽器が、「心の杖」だという。その楽器のおかげで、演奏会に行ったりして外に出歩くようになった。ひっこみじあんなのに、知り合いも増えた。自分の心を人に伝えるという喜びを覚えた。足が悪ければ杖を使うように、心にも杖がいる。その人には、その楽器が、「心の杖」なんだと。

大学時代、囲碁のトップクラスだった知り合いがいる。その人は、囲碁の実力は学生時代に及ばないものの、いまだに人生のいろんな場面で、つらいとき、悩んだとき、決断に迷ったとき、やはり、子供の時からやってきた囲碁に立ち返って考えるという。その人にとっては、囲碁は、大切な「心の杖」の一つなんだろう。

僕は、思う。杖は、矢のように獲物をしとめるわけでもなく、刀のように敵を倒すでもない。畑を耕すことも、水を汲むこともできない。それでも杖があると、食物と水を運び、自分で動いて危険から逃れることができる。

心の杖も同じだ。技術がどんどん向上したり、お金儲けや世渡りのノウハウが身につく勉強法や練習法ではない。何かを仕上げるスピードが速くなるわけでもない。心の杖は、そっと人の心を寛容にし、人間関係を安定させ、忍耐強く環境に順応させる。それは、夢であっても、信仰であっても、パートナーへの愛であってもいい。

杖は、自動車のように自分の体を自動的に運んでくれるものではない。杖を使うとき、前に進むのは、あくまでも自分の体の力による。実際、足腰の調子のいいときは、もっている杖に力をこめることはない。杖は、自分の足の調子が悪いとき、支えきれないときに、体が地面にたたきつけられないように、そっと支えてくれる。落ちるのを防ぐことによって、自分の力で前に進むのを助けてくれる。

心の杖も同じだ。目標や戦略、競争心とか野心とかのように心を前に駆り立てるものではない。ただ、自分の心が弱ったときに、がくっとくずれてしまわないように支えてくれるもの。失敗したとき、目標達成が絶対できなくなったとき、もう一度自分で歩みだすまで、心が壊れないようにしてくれるもの。それは、習慣的なものかもしれない。毎週行うジョギングでも、一人のときに必ず口ずさむ大好きな歌でもいい。

心の調子が悪いとき、人と会いたくないときに、自分のための「心の杖」を用意してあげたい。

あなたは、どんな心の杖を持っていますか?

僕の心の杖は、このブログです。このブログの読者です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 37

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

らくちん
2009年02月01日 21:59
にゃんこ先生さん、黒猫堂さん、コメントありがとうございます。お遍路の杖、いい話ですねえ。杖のほうも、きっと黒猫堂さんのそばにいて幸せでしょうね。大切にしてあげてください。
黒猫堂
2009年01月29日 12:01
お遍路で歩いていたときには本当に杖を心のより所としておりました。
一緒に歩いた靴はダメになっていまいましたが、その時に使用していた杖は大切に保管しております。
一緒に1,200キロを共に歩いた仲間です。
一日中雨が降っていた日も、キツイ山道も一緒でした。
いつもそばにいてくれるだけで安心します。
にゃんこ先生
2009年01月26日 18:01
とても良い話でした。どうもありがとう。
自分の心の杖は何かな…

この記事へのトラックバック