過去と未来への手紙

アンジェラ・アキの「手紙~拝啓十五の君へ~」は、15歳の自分が未来の自分への手紙で生きる悩みを打ち明け、未来の自分が励ます感動的な歌です。でも、もし本当に過去の自分に手紙を書けるなら、もっと現実的になりそうですね。「三番目の彼氏と別れるな。」とか、「A銀行は破綻する。就職は、Bメーカーに。」とか。ゴールドマンサックスのトップを長く勤めたポールソン財務長官は、果たして過去の自分にどんな手紙を書くのでしょうか。

アンジェラアキの「手紙」では、十五歳の自分が、未来の自分に問いかけます。

♪十五の僕には、誰にも話せない悩みの種があるのです
♪負けそうで 泣きそうで 消えてしまいそうな僕は
♪誰の言葉を信じ歩けばいいの?

未来の自分が答えます。

♪自分とは何でどこへ向かうべきか問い続ければ見えてくる
♪ああ 負けないで 泣かないで 消えてしまいそうな時は
♪自分の声を信じ歩けばいいの

この美しい歌の感動をぶち壊す下世話な話で申し訳ないけれど、もし現在の自分が過去の自分に手紙が書けるなら、もっと現実的な内容になるでしょうね。
「三番目の彼氏に、別れずについていきな。四番目のは、一緒になると冷たいよ。」とか
「人気の高いA銀行は、20年後破綻するから、誘ってくれているBメーカーに就職すれば。」とか

ゴールドマンサックスのトップを長く勤めたポールソン財務長官は、果たして過去の自分にどんな手紙を書くのでしょうか。「サブ・プライムは、やめろ。世界恐慌がおこるぞ。」か、「サブ・プライムで儲けるのはいいけれど、財務長官を引き受けるのはやめとけ」か。

アンジェラアキの歌の世界では、未来の自分が、過去に自分を暖かく見守り励ましています。でも、現在の自分が書くことを想像するとこんなに現実的になってしまいます。それは、現在の自分が、歌の世界ほど余裕がなくて、青息吐息でどうにかこうにか四苦八苦して生きているからかもしれません。

一方で、もし現在の自分が未来の自分に手紙を書くとすれば、どうでしょう。歌のように問いかけるのもいいでしょう。しかし、今の自分の判断が決定的な影響を与える未来の自分に対して、よく説明をしてあげたい気もします。「若くて乏しい経験しかないけれど、必死で考えてA銀行にしたんだよ。」とか。「四番目の彼氏のやさしさは、今の私が生きていくには、なくてはならない必要なものなの。」とか。

さて、現在のポールソン財務長官は、未来の自分への手紙でどういうふうに説明責任を果たすのでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック