カワイイ文化の海外展開

今日(8月4日)の日経新聞朝刊の一面コラム「春秋」によると、東大の公開シンポジウムで、日本の「カワイイ文化」の海外展開が話題になったという。僕は、2005年から、このブログと日台次世代対話のシンポジウム(ココ)とでこの「かわいい文化」について語ってきたので、とても嬉しい。

日経の記事は、そのシンポジウムの報告を伝えている。
アニメや原宿ファッションが人気という段階ではない。「有名デザイナーが海外資産家から自分専用キャラを特注された」「服を買い、ショーを見に自家用ジェットで資産家令嬢が来日。自国での開催を親にねだっているらしい」

僕は、かねて日本のかわいい文化は、歴史もあり、しかも世界的に受け入れられる可能性の高い、日本の文化の重要な一要素であると主張しています。

そのあたりは、次のエントリーをご参照ください。
かわいい文化の発信

かわいい文化1、 かわいい文化2

振り返れば、僕もこんなに昔から主張しているのですね。これでもし夢がかなうというなら、もちろん、東大の教授よりも、女子大の先生になりたいです♡

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック