中国と日本の情報力

煙のような噂と思って聞いてください。一部の中国の人に、安部前首相の辞任の報が、数日前に入っていたという噂があります。一方で、与謝野官房長官(当時)は、本当にその場になるまで知りませんでした。これだけ情報力に差があるなら、日本も滅ぶぞよ。

安部首相の辞任発表の数日前に、中国人の知り合いから、「安部首相が、すぐに辞める。」という報を受けた日本人が何人かいるようです。もちろん、そんなことを聞かされた日本人は、みんな「そんな馬鹿なことは、ありませんよ。」と答えたでしょう。安部元首相の家族筋なのかどうか、ルート、手段は、分かりませんが、結果は、はっきりでましたね。

一方で、与謝野官房長官(当時)は、辞任報道がでる直前に、他の件の打ち合わせの昼食をのんびりしていたようで、全く知らなかったのは、間違いなかったようです。

およそ、国が滅ぶときというのは、情報力に致命的欠陥があるときです。それは、情報を収集・分析する力、情報を漏らさない力、情報を発信する力です。もし、この噂が本当なら、日本の命運もつきたかと思わせますね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック