「SICHO」マイケル=ムーア監督

普通のまともな市民がまともな医療を受けられないアメリカ社会を批判し、国民皆保険の導入を主張している。映画としては、それほどできがよいとは、思えない。医療関係者には、興味深い内容ですが。

いつものように、まとまりなく、ぼくの感想をあげます。

○ 医療制度に関しては、日本は、アメリカの真似をしたくない
立派な病院が、病人をタクシーで運び出して歩道に捨てる。なんて映像を見せられると、アメリカの制度は、根本的に、仕組み全体がおかしいと思う。一人当たりの医療費が突出している。それにも係わらず、平均寿命が短い。約4500万人が、無保険でいる。こんな話を聞くと、医療制度ばかりは、アメリカをいい例として参考にできるものは、ほとんどないだろう。

○ でも、アメリカは、国民皆保険なんて、政治的に導入できない
M・ムーアがどれだけ主張しようとも、あるいは、M・ムーアが主張すればこそ、アメリカが国民皆保険を導入するなんて、考えられない。あれは、あれで回ってしまっている。政治的にもビルト・インされてしまっている。ちょっと、地獄ですなあ。

○ 映画としては、つまらない(医療関係者には、興味深いでしょうが)
映画としては、つまらない。内容は、アメリカの医療制度の実態と問題点を説明した本を一冊読めば、知っているようなものばかりだ。それを映像で見れば、確かにインパクトは、強いけれども、それもテレビで見ればすむような程度だ。全体的に、NHKスペシャルの方が、よほど重みがある。たけしの番組程度ではないだろうか。

○ そうそう、大抵のアメリカ人って、海外の事情を知らない田舎もんなんだよなあ
M・ムーアが、カナダ、イギリス、フランス、キューバなどに行って、充実した医療制度に驚いてみせる。イギリスの病院で「キャッシャーがどこだ」と尋ねまわる姿なんて、いかにも、どこの国に行っても、自分たちの制度がそのままあるはずだと思い込んでいる田舎者のアメリカ人の姿だ。そうそう、大都市に住む一部の人を除いて、大多数のアメリカ人は、あんな感じなんだよなあ。

今の医療業界のアメリカ以外の世界的流れとして、生活習慣病をどう予防し、医療費を削減していくかというのに、熱心に取り込んでいる。この点が、ムーアの意図とは違って、画面のあちこちにでてくるのが、むしろ面白かった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

らくちん
2007年10月04日 21:17
うめもとさん。お久しぶりです!!コメントありがとうございます。アメリカは、お金持ち向けの最先端の医療ばかり進んでいるんでしょうねえ。
うめもと
2007年10月02日 12:32
お久しぶりです。らくちんさんのおっしゃるとおり、アメリカ人は日本人より平均年齢が5歳ほど若いのに、医療費支出はGDP比で倍もあります。経済効率が悪い上に、医療の恩恵を受けられない層もかなり厚いです。
ただ、分からないのは、例えば日本で移植手術が必要な人は、億単位のお金を工面してアメリカに渡ります。日本のお医者さんも大挙してアメリカに留学します。先端医学は進んでいるということなんでしょう。お医者さんなどの立場から見た、アメリカの医療というのは、どう映るんでしょうかね。

この記事へのトラックバック

  • 保険の現状は

    Excerpt: 最近、何か良い事ありましたか? 知的障害者 保険最近、弟のためにしっかりとした安心した医療保険に入っておくべきだと再検討しはじめたところです。アリコさんに障害者さんのための保険があるとか、全国知的障害.. Weblog: 保険について racked: 2007-09-30 22:30
  • 批判される人間でいること

    Excerpt: 批判される人間でいなさい Weblog: ウキウキすることしよう racked: 2007-10-01 09:28
  • はじめまして

    Excerpt: 生活習慣病になっている親父です この前、健康診断にいったら、見事に再検査!!! 酒の飲みすぎでございます Weblog: 生活習慣病 親父伝 racked: 2007-10-01 20:32