通信と民主主義

前回、中国で今すぐ欧米や日本のような民主主義を導入しても却って不安定になり国際政治にとってはマイナスではないかと書いた。では、永遠に無理かというとそうでもないと思う。中国が安定的な民主主義を運営できるようになるためには、特にインターネットの普及が鍵を握るのではないだろうか。

民主主義は、ある程度成熟した世論を必要とする。アメリカにしても日本にしても、メディアと世論の虚偽と迷走が目に余ると憂いておられる方も多いかもしれないが、これでも随分まともなほうで、だからこそ民主主義が成立する。北朝鮮の拉致問題にしても、国民が、被害者の親族をテレビで見て、その関係者の苦しみを心から痛く共感できるからこそ、国も様々な対応ができるのである。新聞やテレビの報道は、不十分な点もあるだろうが、国民の世論の形成には、やはり欠かせない。

大雑把なものいいで恐縮だが、ローマが民主制も共和制もあきらめ、帝政に移らざるを得なかったのは、充分な通信手段が確保できなかったからではないだろうか。新聞もテレビもない時代で、拡大した版図に点在して急増するローマの領民に疎外感を感じさせないで健全な世論を形成する通信手段がなかった。だからこそ、歴史上、ローマ以降の大国で民主主義を実現するのは、アメリカの登場を待つしかなかった。

アメリカの場合、国土が拡大し、人口が増え参政権を拡大していく中で、民主主義を維持できたのは、そうした国の成長に伴い、都合よく通信手段が発展したからではないか。西部開発の時代は、鉄道が発展したために、鉄道に乗せて新聞が運ばれた。エジソンは、12歳のとき、鉄道列車の新聞売りをしていた。その後、人口が増え参政権が拡大するにともない、ラジオ、テレビと通信手段が発展し、世論の形成に役立ってきた。ルーズベルト大統領は、ラジオを上手に使って、世論を統合した。

アメリカよりも人口が多く、民衆の本心での政治的価値観が共有できていないようにみえる中国で、民主主義が定着するには、インターネットのようなさらに進んだ通信手段が必要なのだと思う。ネットの世論は、アメリカでも日本でも国際協調的というよりも愛国的になりがちで、中国の場合は、輪をかけて過激に愛国的である。従って、インターネットの普及は、中国が国際社会のルールに協調的に動くのに、短期的には、マイナスに見えるかもしれない。だが、長期的にみた場合、より多くの人が事実を語り、伝えていくことで健全な世論が形成されることを期待したい。

統合しようとする国民が価値の共感をできるのに十分な通信手段を確保することは、民主主義の成立にとって十分条件ではないにしても、必要条件だろう。インターネットが普及したからこそ中国で民主主義が成立し、定着できたと、将来、歴史の一ページに書かれるかもしれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

りゅか
2006年04月20日 23:12
はじめましてデ恐縮ですが、「大雑把なものいいで恐縮だが、ローマが・・・・」見当はずれだと思います。
小生、貴文脈に違和感はありませんが、当時も現代も情報の受益者の資質に問題があると考えております。。。

この記事へのトラックバック

  • システムトレードに必要なパーツとは

    Excerpt: 厳密に区分けすると、 1.クオートデータ 2.スクリプトでシステムを組めるチャー Weblog: 為替システムトレード with MetaTrader racked: 2006-04-21 12:39
  • システムトレードに必要なパーツとは

    Excerpt: 厳密に区分けすると、 1.クオートデータ 2.スクリプトでシステムを組めるチャー Weblog: 為替システムトレード with MetaTrader racked: 2006-04-21 12:46
  • 無料チャートMetaTrader4について覚書

    Excerpt: ソフトウェア本体が無料というのもさることながら、FX現物のヒストリカルとリアルタ Weblog: 為替システムトレード with MetaTrader racked: 2006-04-22 06:24
  • 無料チャートMetaTrader4について覚書

    Excerpt: ソフトウェア本体が無料というのもさることながら、FX現物のヒストリカルとリアルタ Weblog: 為替システムトレード with MetaTrader racked: 2006-04-22 06:30