アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ビジネス」のブログ記事

みんなの「ビジネス」ブログ

タイトル 日 時
マストドン
新しい分散型SNS「マストドン」の利用者が急増している。僕も、試してみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/23 16:31
ライセンスビジネスと国の同盟
トランプ大統領は、自分が不動産ビジネスの破たんから復活する原動力になったライセンスビジネスに、安全保障上の国と国との同盟関係を重ね合わせてみているのかもしれない。敵から攻められないように「アメリカ」印の御札を張らせてやるのだから、相手国が駐留経費を全額負担するのはもちろん、ライセンス料を払うかそれにあたる貿易条件の優遇か雇用をアメリカにすべきだと。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/19 17:43
90年頃の日本叩き
90年ごろの日本叩きの体験を伝えようとしました。ココ。トランプ大統領は、不意打ちを得意とするので、可能性が少なくてもあり得る最悪のシナリオに対して、心の準備ができればいいと思って書きました。タイトルほど過激な内容ではありません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/07 16:25
脱衣所暖房
入浴時の温度差によるヒートショックで年間17千人が死亡しており、その数は、交通事故死(約4千人)の4倍だそうです。(ココ)友人の医者も言っていましたが、税金で全てのシニアの家の脱衣所に電気ストーブをただで配っても、削減できる医療費でおつりがきます。前回の続きで、脱衣室暖房によい家電を考えてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/24 22:13
ユニーク家電のアイデア
2009年にこのブログで(ココ)、「完璧なトースター」と「家庭用コーヒー豆焙煎機」というアイデアをだしました。すると、このブログを見ていないでしょうけれど、バルミューダ―が2015年6月に「究極のトースター」を発売し、大ヒットとなりました。(ココ)そして、今度は、パナソニックが、家庭用コーヒー豆焙煎機を発売します。(ココ)調子にのって、今回、「局所加湿器」というアイデアださせてください。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/22 15:36
良い年を
2017年は、日本の人には、良い年になるのではないだろうか。何事も肯定的語るとバカっぽく見えるし、否定的に語ると賢そうにみえる。だから、メディアでは、みんな今年の情勢について否定的に語る。やれ、米、欧、中の政治と政策の不安定が心配だと。でも、それは、日本が安定しているということだ。そうであれば、その幸せを味わいながら、対応を考えればいい。楽観的過ぎるだろうか。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/03 21:03
ビジネスマン故か
トランプ報道で気になるのは、メディアの論客が、「トランプさんは、ビジネスマンだから、選挙戦で言っていたことを、大統領になれば変えるに違いない」という論調です。ビジネスマンがバカにされているようで、どうもひっかかります。それは、トランプさんが、メディアの人だからで、ビジネスマン故ではないでしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/13 11:35
日銀の敗戦処理
日銀は、11月1日に、インフレ目標2%の達成時期を黒田総裁の任期後の「2018年度頃」として、事実上の「敗北宣言」を行った。そもそも、「期待」に訴えるはずのインフレターゲット政策が「敗北宣言」と受け止められてしまったなら、既に効果は期待できない。いっそ、目標をインフレから雇用の質と量に変更すればいいのにと思う。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/06 19:38
民主主義のリーダーが嫌米になるわけ
BJの連載が掲載されました。(ココ)かなり前に入稿していたのですが、事態の進行がそれほどはずれてなくてよかったです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/03 21:25
「住友銀行秘史」國重惇史
最初は、結構驚きながら読みましたが、後半は流して斜め読みしてしまいました。(ココ)それは、この本が、イトマン事件について、あんなひどい事件が起こった経緯と理由ではなく、あの事件が世間に明るみになった経緯を説明しているからです。ジャーナリスト以外の一般の人にとっては、どのように明るみになったかよりもなぜ起こったかの方が大事です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/30 21:28
「乱流」秋田浩之
面白いです。(ココ)副題通り、「米中日安全保障三国志」です。最近僕が思っているところでは、国際的なビジネスをするときには、安全保障を見る目を持っておいた方がいいです。国内のビジネスで成功体験がある人が、海外のビジネスに乗り出して5年程すると、失敗することがあります。それは、安全保障を見る目がないからではないかと。海外のビジネスでは、地政学的リスクとか、カントリーリスクとかを遠因として、思わぬ大きな損失や、ブランドを毀損する事件が起こったりします。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/23 23:05
社会的意義とビジネス
30年前に社会人になるときに、自分は、社会的意義と利益の追求の間で悩まないかと、考えた。だれでも考えるのではないだろうか。これが上手く整理がつかないなら、公務員とか、今なら、NPOに行った方がいいだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/02 22:30
働き方の改革への一提案
働き方の改革の一つとして、シニアの転職促進をあげてみました。(ココ)なんだか自虐ネタっぽいですが。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/24 23:01
承認欲求と成長欲求
人に認めてもらいたいという承認欲求(他者承認)。自分が成長している実感を得たいという成長欲求。どちらも、過剰になると本人に不幸をもたらすけれど、決してなくならないし、なくなると困る。なくなると、モチベーションをもって積極的に生きることができなくなってしまう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/18 23:50
創造性至上主義
「私はクリテーティブではない」と書き出す、日経にのった「「創造至上主義」の病はもういらない」という記事がおもしろい。(9月14日、FTの記事翻訳、ココ) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/14 22:12
「スウェーデン・モデル」岡澤 憲芙 斉藤 弥生著
日本と同様に、数度の経済危機、人口減少、高齢化の課題をもち、それを日本とは異なる方法で解決し、豊かで高福祉の工業国家を成立させたスウェーデンの社会・制度の紹介。大変参考になる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/31 00:26
「かわいい」ロボットの本質
消費者向けロボットの開発がブームだ。そのロボットの購入のブームは、未だのようだけれど。だれもかれも、AIやインターネット空間の大量のデータを活用する最新技術のロボットを競って開発している。しかし、消費者が望んでいる「かわいい」ロボットは、その技術開発の延長先にあるのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/28 22:08
「財務省はなぜ負け続けるのか」文芸春秋9月号
財務省がこの30年進めてきた経済政策の失敗とその背景を書いた文が、BJに掲載された。(ココ)この記事掲載とほぼ同時に発売された文藝春秋9月号に、グループMOF研の著者名で、「財務省はなぜ負け続けるのか」という文章が掲載されているので少し驚いた。もちろん、僕は、文芸春秋の記事の著者もその背景も知らない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/12 22:09
ザイムショノミクスの蹉跌
結果からみれば、1985年のプラザ合意以来、大蔵省・財務省が主導してきたこの30年の経済政策が失敗だった。ザイムショノミクスの蹉跌だ。これだけ悪い実績が積みあがると、これから財務省の主導する政策に乗るのは、政治家も国民も蛮勇がいる。アベノミクスは、つまるところ、反ザイムショノミクスだった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/18 00:04
ギターがヴォーカルやってんだよ
最寄駅から自宅への帰り道に、ショットバーに立ち寄った。カウンターには、一人で来ている客が三人。ラムのロックを頼む。「お水もたくさんね」と。情けないけど、おじさんだから。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/20 23:51
3分で分かるフィンテックビジネス
3分で分かるフィンテックビジネス、書いています。→ココ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/17 09:46
人間ドック
人間ドックに行ってきました。最初、10年以上前、人間ドックにいきはじめた頃は、親切なサービスだなあと感心していたのですが、慣れてくるといろいろ愚痴を言いたくなってきますね。これは、僕の行った施設へのクレイムではなく、日本の人間ドック全般についてのコメントです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/30 15:28
ファッション「燐」
買ってみたガーゼのシャツを着ると、「何、これ?手品みたい。」とつぶやいてしまいました。着心地がよくて、とても楽に動けて、それでいて、あら不思議、背筋がしゃんと伸びます。一度着たらやめられない固定客は、原宿ファッションの10代から少しおしゃれでいたい70代まで幅広いです。お母さんと3姉妹が運営する「燐」の春夏コレクション。(ココ)中目黒で明日15日まで実店舗で見ることができます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/14 12:06
新入社員の五月病のクスリ
新入社員の五月病のクスリを3錠(条)、BJに掲載されました。→ココ なんだか、自分に言い聞かせているみたいになっちゃいました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/12 11:27
既存のビジネスも大事
優れたビジネスマンというのは、新しいビジネスを作り出す一方で、同時に既存のビジネスを前向きにとらえて上手く維持しているものだ。ダメなビジネスマンは、これまでのやり方をすべて変えようとして、新規事業や自分の打ち出した新戦略にばかり関心をむけ、既存事業への熱意をあからさまに失い、結局、合計の収益を急減させてしまう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/08 23:31
「これから始まる「新しい世界経済」の教科書」スティグリッツ
アメリカの民主党系の代表的経済学者が、格差是正のための包括的な経済政策のアジェンダを示した本。アメリカの経済の最大の問題は、格差の拡大だ。それを是正するには、1%の富裕層、金融系企業、製薬会社などのレント・シーキングを、新たな規制によってやめさせるべきだとしています。保守系と言われる安倍首相も、経済政策は、アメリカの民主党に近いと考えられ、少なからず影響を受けているようにみえます。(ココ) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/01 21:03
失敗と成功
失敗と成功は、明確に分かちがたい。宝くじを10枚買って、その内一枚が3億円当たったとしよう。残りの9枚のくじは、失敗だったのか。10枚買ったからこそ、当たったのではなかったか。そうだとすると、9枚は、失敗どころでなく、反対に、成功要因の大部分をしめる構成要素になる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/26 23:12
「職業としての小説家」村上春樹
なんとまあ、あさっりと直接的に自らの創造の方法をはっきりと説明しています。これは、他のアートにも、ビジネスにも、いやいや、どんな仕事にも役立つように感じました。お勧めです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/20 06:42
「経済復活の条件」山口正洋
冷めた頭脳と熱い心がぎゅっと詰まった爽快な本。ぐっちー節炸裂です。(ココ) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/10 14:19
会社の価格と総投資額
鴻海のシャープの買収契約が締結された。これに関する報道で気になったのが、提案する総投資額の大きさだけをみても意味がない。極端な例でいえば、100%買収した会社に、新親会社が何千億円追加で投資しようとも、それは、新親会社の財布の中で移動したに過ぎなくて、痛くもかゆくもない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/02 19:21
渋谷のんべい横丁
渋谷駅のすぐ横に間口一間(1.8m)ほどの小さな居酒屋・バーが30数軒並ぶ、昭和の香り漂う居酒屋横丁があります。焼き鳥屋、おでん屋さんはもちろん、洋酒中心のモダンなバーやビストロもあり、どの店もキャラのたった個性的なお店です。店で初めて会った他のお客さんとも自然に話がはずみます。一晩で、3軒、4軒と回るととても楽しい渋谷のんべい横丁のご紹介です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/27 19:46
最近読んだ本
池上彰・佐藤優「大世界史」は、面白かったです。他には、宮家邦彦「日本の敵」、齊藤誠「震災復興の政治経済学」、清田耕造「拡大する直接投資と日本企業」などです。ほとんど自分のための備忘メモです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/23 21:01
中国経済のハードランディング
中国経済のハードランディングの可能性が少ないながらもでてきた、と思い始めています。僕は、これまでハードランディングはないという立場でした。スタンスを変えようと思います。今日発売された「Voice」の特集「チャイナショックがくる」も参考にしました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/10 23:46
リスク管理の感度と特異度
実社会のリスクの管理では、「こんなリスクがある。」と危険性をあげつらうだけでは、不十分で、「これは、大丈夫。」という判断も重要です。えらく話しは飛びますが、医療の腫瘍マーカー(がんマーカー)について、感度と特異度という指標があります。実社会のリスク管理についても、この感度と特異度という発想から学んだ方がいいと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/06 14:17
シャープの偶発債務
25日にシャープが鴻海の傘下に入る決定をする前に、僕は知人に「表明保証ぽいことでひっかけがあるのでは」と言っていました。鴻海と産業革新機構との提案の投資額が数千億円とあまりにも大きな差があったからです。案の定というか、シャープでの取締役会議決後、鴻海が偶発債務の可能性を持ち出し、契約が遅れています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/27 17:27
マスコミ経済学のいい加減さ
「アベノミクスの力がなくなり、金利引き上げによる米国経済不振の懸念と原油安と円高から、日本は、株価下落に見られるように経済が不調だ。」といった論が、マスコミによくでてくる。これだけいい加減な理屈がまとめて出てくるのも珍しい。太字で書いた言葉に対するマスコミ経済学の評価とは、対照的な意見を書いてみよう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/21 21:47
「ギリシア人の物語I 民主制のはじまり」塩野七生
感動や爽快感とはほど遠い、やりきれない思いが残る英雄の歴史だ。  前490年〜479年、ギリシアがペルシアに勝った三つの会戦、マラトンの戦い、サラミス会戦、プラタイアの戦闘で、勝利を導いた歴史的英雄がそれぞれいる。マラトンの英雄・アテネのミリティアデス、サラミスの英雄・アテネのテミストクレス、プラタイアの英雄・スパルタのパウサニアスだ。三人とも、敵の計略も読み切り、国内政治をのりきる知恵をもち、戦士からの信望も厚く、市民からの人気もあった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/14 21:52
謎の激安居酒屋チェーン
今、新宿、渋谷、広尾、虎ノ門などで生ビール一杯180円とかという激安の居酒屋がでてきています。(ココご参照)それが、どうやら、チェーンとかグループの風を装っていないのですが、同じ系列らしいです。ぐっちーさんの本(ココ)にも、シアトルに、独立店舗に見せているけれど、実はスターバックスが経営していると思われるコーヒーショップがあると書かれていました。こういう、「チェーン隠し」みたいなのが流行るのでしょうか。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/13 21:24
「ニッポン経済世界最強論」ぐっちーさん
もはや、貫禄ですね。タイトルにもある日本経済の強さについての説明は、いたって明確。のみならず、マスコミでよく言われる経済論、すなわち、日本国債危機論、円安歓迎論、GPIF待望論をばっさばっさと切り捨てるのがとても痛快です。著者は、この10年、国際経済の重要な変化の予測を公表し、ことごとく当ててきました。そのトラックレコードは、180ページからの数ページを読むと分かります。僕は、当時からリアルタイムで著者のブログを読んでいたので、凄まじい予言の的中ぶりに身震いするほどでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/11 22:28
人間の月齢センサー
前回、睡眠時間が月の満ち欠けと相関があるという研究を紹介した。その話について、あれこれ自分の頭の中で妄想が広がってしまって、収拾がつかなくなっている。例えば、月齢をもとに、ある商品の販売予測ができるとすると、経済的なインパクトも大きいのではないだろうか。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/07 21:19
人工知能(AI)の進化が働き方を変える 2/2
前回に引き続き、ビジネス・ジャーナルというWEBに掲載されたもの(ココ)の元ネタの二回目です。AIの進歩で、実際どんな仕事がなくなるのか考えてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/16 15:29
人工知能(AI)の進化が働き方を変える 1/2
ビジネス・ジャーナルというWEBに掲載されたもの(ココ)の元ネタです。AIの進歩で、人間の仕事がなくなるとよく言われていますが、実際は、働き方が変わるということでしょうね。そんな結論です。2回続けて掲載します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/14 22:53
一億総活躍社会
世間の評判はよくないけれど、僕は、この診断には賛成です。でも、希望出生率1.8や介護離職ゼロという処方箋には、ピンときません。今の日本の経済の最大の問題は、人的資源の最適配分(配置)ができず、国民一人一人がもっている能力を十分に発揮できていないことにあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/04 22:45
行列のできる腕時計屋さん
吉祥寺を散歩していると、寒空の中行列ができている店がありました。ライブハウスでも、ラーメン屋でもなく、これが腕時計屋さんだから驚きます。国産ファブレスメーカーブランド「KNOT」の直営店舗です。(ココ)シンプルなデザインと、手ごろな値段、そして、簡単にベルトの交換ができるのがウリです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/20 18:32
あさが来た
見始めました。土曜日にちょくちょく見ていたりしていたのですが、面白くなってきて先週分は全部みました。「のだめカンタービレ」の千秋が扮する、いや、玉木宏扮するぼんぼんの夫・新次郎が、とてもいい味がでています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/06 22:11
「企業・市場・法」ロナルド・コース著 宮沢健一他訳1992年
ノーベル経済学賞の受賞理由となった「社会的費用の問題」(1960年)と「企業の本質」(1937年)の二つの論文がはいっている。どちらも数式は一つもなく、本でのページ数も、26ページと68ページと短いので素人でもなんとか読める。今のビジネスでは、独立した企業が連携してある商品やサービスを育ていく「エコシステム」という発想がよくでてくる。ちょっと胡散臭い言葉ではあるが、この「エコシステム」を考える基礎にもなるようにも思えた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/29 21:58
ネットビジネスの実現ステップ
ネットビジネスの実現ステップ ネットビジネスの実現のステップとスピードは、独特だ。ものつくりビジネスに慣れた者には、頭では分かっているつもりでも、感覚的に分かっていないので、時々バイアスのかかった間違った判断をしてしまう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/26 23:37
「ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学」入山章栄
前著「世界の経営学者はいま何を考えているのか」(ココでコメント)の続編として読みました。やはりいいですね。「ファイブ・フォース」や「バリュー・チェーン」なんて理屈よりもよほど、腹落ちがします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/23 18:39
「「豊かさ」の誕生」ウィリアム・バーンスタイン
産業化の本質と行く末という僕の関心にぴったりはまっている。(ココ)近代経済成長の鍵になったのは、私有財産制、科学的合理主義、資本市場、輸送・通信インフラの四要素だとする。面白いのは、近代経済成長から民主政治の確立につながることはあるが、民主政治から近代経済成長につながるとは限らないとしている点だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/11 07:20
フィンテックの第一印象
ここのところ、ITと金融の結び付いたフィンテック(FinTech)ビジネスが話題になっています。どの企業が成功するかという視点ではなく、社会に与える影響がどれくらい大きいのかを、通勤電車などでこの5日ほど考えました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/08 21:55
フレームワークとミドルレンジセオリー
元々嫌いなんですが、友人からのアドバイスもあり、ビジネスのフレームワークについて改めて考えてみました。ここでいうフレームワークは、3C(顧客、自社、競合)とか、4P(製品、価格、流通、プロモーション)といった分析枠組みです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/01 23:06
期待外れの21世紀の進歩
1989年公開の映画「バックトゥーザフューチャー 2」では、1985年から2015年にタイムトラベルする。映画の中の2015年ででてくる新しい技術の製品は、実際の2015年においては、広く普及していない。概していうと、20世紀に人々が想像したほどは、21世紀の科学技術は、進歩しなかったと言えるだろう。2001年宇宙の旅、鉄腕アトム、ターミネーター。みんなそうだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/25 21:58
「大江戸商い白書」山室恭子
江戸商人の実態を数量データで説明している。要は、かなり完全自由市場に近い状態だったとしています。その完全市場において現代の最新の経営学・経済学が述べているとおりに、市井の江戸商人は、実践していたんですねえ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/10/18 21:21
レッドバルーン・チャレンジ
効果的な組織を迅速に編成するコンテストがありました。米国防高等研究計画局(DRPRA)が開催した「レッドバルーン・チャレンジ」では、北米大陸の合衆国領内のどこかに設置された10個の赤い気象観測用バルーンのすべての位置を最初に割り出したチームに4万ドルが支払われます。ソーシャルネットワーク・インセンティブを駆使して、数百チームに打ち勝ちサイエンス誌にも掲載されたたのは、どういう方法でしょうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/04 20:56
いい新規事業アイデアがでない方法
会社で、トップから「新規事業を考えろ」と言われて、タスクフォース、ワークショップ、研修などでアイデアを出し合うことも多い。そのようなときによく使われる方法なんだけれども、結局は、いい新規事業につながりにくい方法をあげてみたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/01 21:20
なぜ新規事業は失敗するのか?
よくある残念な新規事業提案について、集客施設、コンサル、広告モデルの例を掲載しいます。(下にリンク)他の事業でも、ここで説明したような収益推移になってしまうものがよくあります。しかも、冷静にみてみると、構造上そうなるのが必然的なものだったりします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/28 08:54
居酒屋の箴言
居酒屋で思いついた、箴言風の言葉です。 ・なんでもネガティブにコメントすれば、賢そうにみえる ・「自社にとって画期的だが、世間では普通」の新規事業は、危ない ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/27 15:02
データビジネスの成立条件
データを集めてきて、分析して情報を提供するビジネスがいろんな形で新しく出てきている。「ビッグデータ」、「最新の統計手法」、「人工知能」などの言葉でアピールされている。こうしたデータビジネスが成り立つ条件は、1)データの変化、2)ソリューションの存在、3)個別対応 の三つだと思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/21 18:00
「原因を推論する」久米郁夫
本当にいい本です。政治学だけでなく、他の人文・社会科学、さらにビジネスの現場でも役に立つでしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/16 21:14
農業の六次産業化
今日発売の月刊誌「リベラルタイム」10月号(p.26と27)に農業の六次産業化についての記事が掲載されています。本屋で見かけたら、立ち読みでもしてやってください。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/03 21:51
Windows10にアップグレードしてみました
4年前に自作したPC(仕様等ココご参照)をWindows7からWindows10にアップグレードしてみました。特によくもないし、特に不都合もないという印象です。そういう意味で、製品の完成度は高いです。一点だけ、家族用などに複数のアカウントを使っているPCの場合、ちょっと問題がでる可能性があるように感じました。暫定的ながら、解決する方法も説明させてください。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/23 21:43
中国株安、ギリシャ以上リーマン未満
BJの連載「ビジネスのホント」に、中国株安の記事が掲載されました。(ココ)ずいぶん的が大きいよなあと思う一方で、かなり思い切り書いちゃったね独り言をしたり。でも、世間では、影響の過大評価と、過小評価が多すぎるので、まんなかあたりを書いてみているんです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/07/26 22:33
「新・観光立国論」デービッド・アトキンソン
同じ著者の「イギリス人アナリストだからわかった日本の強み弱み」と共に読みました。「新・観光立国論」はココです。どちらも面白かったです。日本の観光業は、10倍近く成長できる。日本人が思うアピールポイントは的外れ。文化財のメンテと説明にもっと力をいれろ。という主張は、どれもとてもまともに思いました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/21 21:50
「マインドフル・ワーク」デイヴィッド・ゲレス
マインドフルネスという瞑想の手法が、アメリカで流行っているという話です。(ココ)グーグル、フェイスブック、リンクトイン、フォード、アドビ、インテルと名だたる米国企業が取り入れているとのことで、びっくり。米国マサチューセッツ工科大学(MIT)を拠点に、宗教性を無くして、ストレス軽減、集中力、他者への思いやりを深め、心を健全な状態に保つ技法として、普及拡大しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/19 14:15
日本文化の創造力
日本文化の創造力を否定する人は、日本以外にほとんどいない。その創造力の源を、外国の人に分かりやすく説明しているスピーチがある。「日本のクリエイティブが世界を変える」とても、上手い説明だと思う。(以下、上記リンク先のネタバレ含みます) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/14 23:36
ギリシャ問題の答え
ギリシャ、EU、世界経済の全ての為に一番よい答え、あるいは一番ましな答えは、実は、みんな分かっている。僕には、そう見える。ギリシャは、ユーロ統一通貨から離脱する。実質的債務減免を受ける。EUにはとどまる。それだけだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/07/12 14:56
地方アイドルと地方創生
新潟発アイドルねぎっこ(Negicco)について、地方創生の視点を加えて、BJにも載せています。(ココ)タイトルは、よくないと思いますが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/04 21:42
永田町の「ビジネスモデル」
最近、永田町・霞が関の関係者から、「ビジネスモデル」という言葉をよく聞く。ビジネスマンの耳には、どうも違和感をもって聞こえる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/24 21:55
「コンテンツの秘密」川上量生 NHK出版新書
ニコニコ動画のドワンゴの創業会長で、今は、KADOKAWAと統合した会社の会長も務める川上氏が、スタジオジブリで鈴木敏夫さんの元にプロデューサー見習いと弟子入りした。そのときに、コンテンツとはなにか、クリエイターとはなにかと考えた記録。とても読みやすく、それでいて本質的な議論ができている楽しい本です。(ココ) ここでは、自分の備忘の為に、この本のなかで書かれているキーワードを抜書きしておきます。(引用は青字で表記) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/22 07:31
MERSとSARS
韓国でのMERSの感染が話題になっていますが、2003年にSARS が流行したときに僕は、台湾に住んでいました。SARSが収束してから、ホームページに「SARS対応のレビュー」というメモを書いています。その後、2009年に新型インフルエンザが出た時に、このブログで、そのHPをもう一度レビューしています。日本にもMERSが入ってくる可能性も十分あるので、一度、事前の準備の頭の体操にみていただければと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/13 15:11
ドローン
ドローンについて、どうして日本企業の存在感が薄いのか、そして、うまいビジネスのやり方についてのアイデアを書いてみました(ココ)タイトルは、否定的にとられかねないものですが、本文は、前向きのものです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/04 07:25
完璧なトースターの実現
バルミューダから最高の香りと食感を実現する「究極のトースター」が発売される。(ココ)僕は、2009年12月にこのブログで「完璧なトースター」と題して、この商品アイデアをだしていた。(ココ)実現してくれて本当にうれしい。(この記事もご参照)でも、ちょっと高くて買えない... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/30 12:17
ニュースZAP
超マイナーなニュース番組が面白い。BSスカパーで17:55〜20:00にやっているニュースZAPだ。(ココ)BBC、CNN、日経の情報量の多いニュースを流しつつ、軽快に笑い飛ばしながら、濃いキャラクターの人が深く掘り下げてコメントする。因みに無料だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/20 22:09
「巨龍の苦闘」津上俊哉(角川新書)
中国経済について、極端な脅威、礼賛、崩壊、激動を扇情的にアピールしがちな日本の論壇にあって、実に穏当でありながら、希少で現実的な洞察である。フェアであるとも言えるだろう。(ココ) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/13 21:54
理容師と美容師
散髪に行って美容師と理容師の違いについて話しました。これがほんとの床屋談義です。お客さんにとっては、髭剃りができるかどうか以外はほとんど違いがないそうです。ただ、何十年の美容師キャリアで一度だけ、角刈りをリクエストされたことがあり、大変苦労して角刈りを完遂したとのことです。「知っていますか。角刈りって、頭のてっぺんが平らなんです。」と話してくれました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/06 16:55
15年ぶりの2万円で「回復」?
日経平均株価があがり、「一時、2万円に回復」とニュースが流れました。しかし、「回復」っていうものかなあ。戦後2万円以上だったのは、90年前後のバルブの頃の5年程と、2000年のITバブルの頃の一時だけ。通常値というよりも、むしろ珍しい値、異常値です。いかにも通常に戻ったような「回復」という語感には合わないですね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/20 01:08
アジアインフラ投資銀行(AIIB)
バタバタ慌てるのが一番いけないんじゃないでしょうか。見通しが甘かったのは反省して、今後もよくよく動きをみながら、慌てずに対応するしかないでしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/05 11:19
「日本財政「最後の選択」」伊藤隆敏
国際金融の専門家が述べる日本の財政。(ココ)確かにこれだけ赤字が大きく国債残高が大きくなると、予算の配分を考える財政的視点以上に、国債の消化を考える国際金融の視点の方が大切な気がしてきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/01 21:25
知能とは?
牽強付会のそしりを覚悟して言えば、「自分の頭で考える技術」でお勧めした情報の扱い方が、人工知能での情報の扱い方とそっくりだ。人間がビジネスなどの実社会で判断をする方法と人工知能のモデルが似ているなら、それは、知能とはなにか?という問いに豊かな示唆を与えてくれるだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/24 22:37
デブ菌と腸内フローラ(腸内細菌叢)
遺伝子解析の技術進歩によりこの7年でブレークスルーがあり、腸内細菌が人間の体に様々な影響を与えている仕組みが分かってきました。治療で肥満の人から腸内細菌を受けると、やせている人が肥満になったという、「デブ菌」の存在を示す報告もあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/08 21:38
「日本経済の構造変化」須藤時仁・野村容康
日本経済の20年にわたる停滞の説明として、ビジネスの現場で働く者の腑に落ちる説明。人口動態と金融政策の是非に議論が集中しがちのなかで、サービス化の進展によって、生産性が伸びず所得格差が拡大したとする。新しい視点を強調するのは、とても生産的だし、現実的だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/03 21:19
「自分の頭で判断する技術」kindle版
kindle版がでました[ココ]ので、よろしくお願いします。マインドマップさんに、素晴らしい書評を書いて頂いて感激です[ココ]。Amazonのレビューでも、読者からとてもありがたいコメントをいただきました。いずれも、驚くほどよく読んで著者の意図を正確に理解されているので身の引き締まる思いです。ありがとうございました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/01 20:59
公共事業
公共事業についてのビジネス・ジャーナルの記事。(ココ)何か関連した事件があった訳でもなく、突飛なことも言っていないのに、思った以上に反応があるのが面白いです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/28 12:21
「記号創発ロボティクス」谷口忠大
ロボットが自らの経験により、物体を種類分けして、言葉を覚え、対話する。そういう実験を示して「ロボットには心がない」といいきれるのかと著者は問いかける。少なくとも知能のメカニズムについて一つの有力なモデルを提示しているのは間違いない。今、話題の人工知能や深層学習(ディープラーニング)につながる話でとても興味深い。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/17 22:56
原宿文化のテレビ番組
2月15日(日) 16時〜17時にBS12チャンネルで原宿文化と青文字系ファッションの紹介をする「原宿プラネット」という番組があります。(ココご参照)きゃりーぱみゅぱみゅが所属して、「青文字系」を標榜するアソビシステムのモデルさんがたくさんでてきます。「青文字系」ってこういう人たちなんだと、見てみてください。尚、青文字系については、BJの「KAWAii文化とはなにか」もご参照ください。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/11 21:00
吊革スマホ
王様のアイデアならぬ、小市民のアイデアです。電車の吊革につかまっている手の親指か腕時計にひっかけて、スマホをぶら下げる道具はないかしらん。吊革を持った左手にひっかけて手首の下あたりにスマホ押し付け、右手で操作するんです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/08 22:10
「その問題経済学で、解決できます」ウニ ニーズィー、ジョン・A リスト他
社会の実地で実験することで色々な社会問題やビジネスの課題が解決すると説明している。僕は、とても楽しく読みました。(ココ) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/05 00:07
サービス業中心の成長戦略
BJの連載「ビジネスのホント」に最新記事が載りました。(ココ)そこで引用して、主たる根拠としている森川正之氏が、前日の日経で、「再考成長戦略(中)」で書かれているのでびっくり。BJのは、一週間前に入稿してましたから。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/24 10:17
再考 成長戦略
今朝の日経の経済教室で、再考成長戦略と題し星岳雄スタンフォード大学教授の意見が載っている。最大のポイントは、焦点を絞れということであり、内容も概ね僕は賛成だ。しかし、これでも焦点を絞り切れていないように思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/21 23:22
「ミクロ経済学の力」神鳥道宏
珍しくもマーケティングマインドのある経済学の教科書。社会人の教養としてお勧め。他の経済学の教科書を読んでいると、次々と疑問が浮かぶ。こんな数式通りに実際の人が動くの?費用曲線なんて、現実にあるの?経済学におけるモデルの意義は?こういう学びやめる口実になりそうな疑問に、タイミングよく具体例を交えて答えていくのがこの本の値打ちです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/18 22:12
今年の鍵は、「サービス」
今年の日本の経済は、「サービス」が鍵となるような気がする。日本のサービス業は、GDPの7割、雇用の7割を占めているので経済全体の成長に一番影響力がある。それだけでなく、製造業や農業にも上手に「サービス」的付加価値をつければ、安売り競争から脱して生産性を高められる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/05 23:14
あまのじゃく応援
世間の批判のあるところに、天邪鬼になってささやかな応援をしてみたくなっています。朝日新聞とアギーレ監督です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/29 19:22
HARAJUKUタグ
スマートフォンのニュース集約アプリSmartNewsに、原宿文化のニュースを集約する「HARAJUKU」タグができました。面白いですね。昨日は、そこに、ビジネス・ジャーナルの「KAWAii文化とはなにか」という記事がピックアップされていました。(ココ)なんか不思議です。とにかく、原宿文化の発信がもりあがるといいですね。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/28 14:52
ビジネスにおける r>g
ピケティ「21世紀の資本論」のr(資本収益率)>g(経済成長率)という指摘は、現実のビジネスに関わる者にとっては、なにをいまさらの感がする。例えば、ある会社に資本参加するかどうか検討する場合、その会社の収益の成長率を前提にして、投下する資金に対して回収する資金の利回り(IRR)を計算する。この場合、ごく普通にr(IRR)>g(収益成長率)だ。簡単な表を作ってみた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/21 14:30
アベノミクスの評価
アベノミクスについて書いています。ちょっと乱暴気味ですが、どこかに肩入れはしていないと思います。→ココ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/12/10 22:16
「わたしはどこにあるのか」マイケル・S.ガザニガ
主体的に責任をもって判断している「自分」って本当はあるのだろうか。自分で判断しているつもりになっているけれど、実際は、脳の神経がある初期条件から、必然的に動いているだけかもしれない。考え込んでしまいます。「脳の中の幽霊」のラマチャンドラン、「デカルトの誤り」のダマシオなんかを楽しく感じた人にはお勧めします。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/01 00:19
自分らしさと自分達らしさと結果と
サッカー日本代表がブラジルW杯で「自分達らしいサッカー」を掲げて、悪い結果になった。サラリーマンとして、組織で結果を求める職業である身には、結構、考えさせられる話だった。個人の自分らしさと、チームの自分達らしさと、プロしては一番大切な結果と、どう整合性をとればいいのだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/11/28 00:06
「なぜローカル経済から日本は甦るのか」冨山和彦
Gの経済はグロ−バルな場で製造業、Lの経済はローカルでサービス業と分類し考察しているのは、とても現実的で鋭い。また、サービス業の生産性を向上する実践的な方法も示している。ただ、サービス業はローカルと決めつけるのは、どうかと思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/20 23:28
経済政策論議
消費税増税、黒田バズーカと色々議論があるようです。一人旅なんかして、も一つ世間についていけていないけれど、現時点で思うことを書いてみます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/09 23:55
ビジネスのホント
「ビジネスのホント」という連載がビジネス・ジャーナルに掲載されるようになりました。(ココ)今日掲載されたのは、社内新規事業についてです。(ココ) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/06 20:48
「仕事の強みの磨き方」吉沢康弘
著者が同じ会社でともに働いたことのある優秀なビジネスパーソン6人の列伝タイプのビジネス書です。とても面白かったです。ココ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/19 16:42
リクルート上場
毎朝、社員食堂で飲んでいるコーヒーを、今朝はお祝いの意味を込めて奮発し、ショートからトールにしました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/16 22:52
イグノーベル賞的成果
たまたま見つけました。1992年にイグノーベル賞を受賞したロシアの結晶学者のユーリー・ストリチコフ氏は、1981年〜1990年の間に、948本の論文の共著者となりました。同氏が、ほぼ4日に一本のペースで論文を書いたことに対してイグノーベル文学賞が与えられました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/13 21:23
競馬か株か
競馬も株も、一獲千金を狙える。しかし、競馬と株は、勝ち方が違っていると思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/10/05 22:57
ロボットレストラン
先日、新宿のロボットレストランに行ってきました。(ココ)アジアンテイストのこもった大規模なB級ショーパブです。外国人観光客の定番ルートに入っています。観客の50%が欧米系、20%がアジア系外国人、30%が日本人でした。欧米の人の7割方が、男女ペアで来ているのが面白い。東京在住なら、一度は、行ってみてもいいでしょう。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/30 21:24
もしもしにっぽん FESTIVAL 2014
昨日、東京体育館で行われたKAWAii 文化のイベントに行ってきました。(ココ)青文字系に強いアソビシステムが総力をあげて盛り上げていました。一般の方に念押ししておきますと、原宿の青文字ファッション系と、萌えオタク系・AKB48系とは、全く違います。対極です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/29 22:23
「ブラックスワンの経営学」井上達彦
ブラックスワンの解説というよりも、学問としての経営学における、ケーススタディという手法について解説した本と思った方がいいでしょう。ハーバードビジネスレビューとかにでてくる「ケーススタディ」ほど、エキサイティングな興奮はないけれども、小説的ないい加減さがなくて、僕にはとても気持ち良かったです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/28 22:40
社内新規事業が犯すべき三つのタブー
日本の大企業がどこもかしこも社内で新規事業をおこす仕組みをつくりはじめた。ちょっとしたブームだ。ひとつここで僕なりの提案をあげてみよう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/23 21:32
FES Watchのクラウドファンディング
ファッションに電子デバイスを持ち込んだ新しいコンセプト。 2014年9月に申し込んだというと、来年、あるいは、もっと先の孫子の代まで自慢できるかもしれませんよ。⇒ココ ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/08 21:13
mer fes. 2014
女性誌のmerのフェスティバル(女の子限定!)に行ってきました。 さて、みなさんに質問です。@merは、何と読む?A赤文字系とは?B青文字系とは? これで、世界に誇る日本のかわいい文化の理解度が分かります。男性なら、一つ知っているだけで上出来です。どれも知らずに「クールジャパン」振興策なんて言っている人は、ちと、まずいかも。よいこは、この記事を読んでお勉強しましょうね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/31 21:14
課題先進モデル
日本が、課題先進国だとよくいわれる。豊かになって、少子高齢化が進んだ成熟した社会の問題点が真っ先に顕在化している国だ。それと同様に、日本のIT産業も、数ある産業の中で課題先進産業といえるだろう。さらに、課題先進個人というモデルもあるかもしれない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/23 23:04
Baby Metal X ビジネス・ジャーナル
ビジネスジャーナルに、日本の成長戦略は、アイドルとメタルの融合を掲げるベビーメタルに倣えといった話が出ています。ヘビメタファンもアイドル好きもビジネスパーソンも御笑見ください。(ココ)   ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/19 22:57
設備投資より試作品投資
日本の経済成長の為に設備投資を増やそうとする政策や動きがある。しかし、設備投資のGDPに対する比率も、貢献度も2000年代にはいってから大きく減少している。コストダウンのための設備投資よりも、新しいサービスや消費者ニーズをつかむための民間企業の試行錯誤をしやすくした方が、持続的な成長に効果が高いのではないだろうか。いまや設備投資よりも試作品投資へのシフトの方が本筋では? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/08/17 21:59
六次産業の現実の壁
農業(一次産業)の高付加価値化を目指して、加工業(二次産業)、流通業(三次産業)まで取り込み、六次産業(=1+2+3?)として育成しようと政府が旗を振って進めている。現実には、成功例よりも、失敗例の方が多くなかなか難しいようだ。6次産業に挑戦する知り合いから、自分は世界一不運であるかのような苦労話を聞いていると、実は、ある意味必然的に6次産業がぶつかりやすい壁と見えてきた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/12 22:45
広島方式
サッカーのサンフレッチェ広島、野球の広島カープ、自動車のマツダ、テクノポップミュージックのPerfume。みんな広島にゆかりのあるチームが、予算や規模も大きな東京勢を上回り上手に成功している。これらの共通点を広島方式として探ってみた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/10 21:18
お布施の原理とAKB48
半世紀前に先駆的に情報産業論を展開した梅棹忠夫が、「お布施の原理」という情報の値段に関するユニークな考察をしている。お経は、内容も時間も同じなのに、対価であるお布施の額は、ぴんからきりまで大きく違う。お布施の額は、坊さんの格と檀家の格の二つで決まるという。これは、AKB48の得票や稼ぎと同じ仕組みではないだろうか。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/08/06 00:06
「ヤバい日本経済」山口正洋・山崎元・吉崎達彦 
現在時点の世界経済の最良の健康診断をみる思いです。全身のX線検査、血液検査、運動能力検査の結果を見た上で、現実的な診断結果がでています。素晴らしい。(ココ)ちなみに、ここでの「ヤバい」は、若者言葉の「ヤバい」で、「すごい」と言う意味です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/08/03 14:15
IT産業は、成長戦略の軸になれないのか?
ビジネス・ジャーナル連載の第二回です。ココ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/30 23:11
創造性と感受性
創造力のある人は、感受性が強い。感受性が強いものだから、ちょっとしたことでやる気がなくなってしまう。そうすると創造力が発揮できなくなる。ここらあたり、創造性とは、とても壊れやすいやわなものだと、みんな理解した方がいいと思う。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/29 23:58
Baby Metal
日本ってのは、ほんとにユニークで独創的なのがでてきます。10代の女性3人組のアイドルグループ、”Baby Metal”。テーマは、アイドルとヘビーメタルの融合。ドイツ、フランスでの海外ライブを成功させ、イギリスの大型メタルフェス『Sonisphere Festival UK』で、神のごときメタルの大御所と同じステージにたち、日本語で歌って踊ってイギリスのファンを熱狂させました。米国では、レディーガガたっての希望で、レディーガガの8月のライブの前座をつとめます。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/27 16:36
安倍首相の株価語り癖
安倍首相は、よく株価があがったことを自らの政権の成果のように述べる。誰か安倍首相の支持者が止めさせればいいのに。株価ほど、不安定な経済指標は、なかなかない。それに、安定している政権の浮沈をかけるなんて、もったいないよと。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/23 22:19
「戦略的思考とは何か」岡崎久彦 83年 中公新書
岡崎久彦氏が、読売新聞の「時代の証言者」6月23日の分で、83年に出版しロングセラーとなった「戦略的思考とは何か」について書かれている。その記事で、その本が、「東大の佐藤誠三郎教授が国際関係論のゼミで使ったと聞きました。当時、大学生に読ませたら真っ二つに割れたそうです。」と書かれている。これが、僕が大学一年で受けたゼミだったので、とても感慨深い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/07/17 07:27
LINEのアカウント乗っ取り
僕の友人がLINEのアカウント乗っ取りにあいました。今日、その人から僕に、LINEで妙な連絡があり、「コンビニで、itunesのカードを買ってくれ」と言ってきたので、これは、偽物だと分かりました。明日は我が身です。僕は、決してこんなことを頼みませんので、万一そんなメールや連絡がネットから来たときは、無視してくださいね。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/13 21:15
ビジネス・ジャーナル
BJ(ビジネス・ジャーナル)にこんな記事がでています。御笑見ください。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/09 22:01
「インフォメーションエコノミー」篠崎彰彦
ようやくこの手のちゃんとした本が出てきたとの印象です。情報の本質について、体系的俯瞰的に分かりやすく、そしてコンパクトに説明してあります。情報化が進む現代を見通すためにとてもいい本です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/02 07:21
「デフレーション」吉川洋 日経
週刊東洋経済と週刊ダイヤモンドで2013年度「ベスト経済書」1位ダブル受賞の本。(ココ)しっかりとしていて分かりやすいけれど、僕は、池尾和人の「連続講義・デフレと経済政策」の方が面白かったです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/11 07:29
クロームキャスト
グーグルの出したクロームキャストを買ってきました。簡単な設定でYouTubeなどのネット上の動画をテレビに映し出します。まだ僕が使いこなせていないレベルで感想を言ってしまえば、4,200円の値段の割にはおもしろいけれど、実際に使う場面は少ないのかなあと思いました。少なくともニコニコ動画が対応するまでは、人に強く勧める気にはなりません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/01 18:25
ヘンな三段論法
「できるビジネスマンは、朝早く会社に来て働く。オレは、朝早く会社に来て働く。だからオレは、できるビジネスマンだ。」は、三段論法として間違いですね。「たぬきは生物だ。あなたは、生物だ。だからあなたは、たぬきだ。」と同じ論理構成です。僕は、「たぬき三段論法」と呼んでいます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/21 21:10
PERの水準
溜池通信の5月2日に、世界主要国の株式市場のPER(株価収益率)が一覧ででている。これを見てのかんべいさんの指摘は、欧米のほとんどの国がPER17前後に収斂しているのと、日経平均1万4000円台の日本は、かなり高い水準というものだ。興味深いので、自分の備忘の意味もこめてここに再度載せておきます。元データは、ココです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/11 21:34
マウンティング体質
マウンティング体質のサラリーマンなんて言葉を飲み屋でネタにしていたら、沢尻エリカ主演のドラマ「フィーストクラス」の最初に、いきなり「マウンティング」の説明がでてきて、のけぞってしまった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/28 00:13
対個人説得力と成長
小保方さんて、「営業力は、ありま〜す!」タイプですよね。科学の真偽については、僕は何も語れませんが、小保方さんが個人に対する高い説得力を持っているのは分かります。間違いなく、面接試験も強いでしょうし、営業をさせたらいい成績を出すでしょう。以下は、小保方さんを離れての話ですが、若いうちから対個人の説得力のある人は、伸び悩む傾向があるように思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/16 22:14
空気は読めど従わず
空気を読むことは必要だ。でも、従う必要はない。空気に逆らって行動をするときは、他の人がどの程度抵抗するかを読んで、手を打っておかねばらならないだけだ。ヤマザキ・マリの「男性論 ECCE HOME」(文春新書)を読みながら、そう思った。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/06 22:18
モバイルなリーダー
2月2日のアメリカンフットボールのスーパーボールでは、シアトル・シーホークスが、デンバー・ブロンコスに43-8で勝った。シーホークスの若手QBラッセル・ウィルソンは、最近、NFLを席巻している「モバイルQB」の代表格。モバイルQBは、自らボールを持って走る、走りながらもパスをだす機動力のあるQBだ。味方が守ったスペースにとどまってパスを繰り出す「ポケットパサー」のQBと対照的だ。ちなみに、スーパーボールで対したブロンコスのベテランQBペイトン・マニングは、史上最強のポケットパサーと言われる。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/11 18:34
場違いな警告の難しさ
これは、どこの会社でも聞かれる後悔ではないだろうか。 我々はXという期日までは状況を静観することにしていた。Xが過ぎると今度はYの段階でAAAに警告を送ることを決めた。Yの段階になると今度はZという兆候が現れるのを待った。しかしZを待っている間にBBBが始まってしまった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/05 22:18
ヘンな予言的中話
「私の予言していたとおりの結果です。」「ほら、おれの言ったとおりだろ。」とメディアでも、会社の中でも、居酒屋でもよく聞く台詞だ。そのうちの多くは、「そりゃ、あたるわな。」という典型的な詭弁だ。そのヘンな予言的中話のパターンを挙げてみよう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/02 23:13
今年の大きなリスク
もう2月になろうとしているのに、遅い話題ですが、世界の調査機関がだしている今年の10大世界的リスクをあげておきます。今年しばらくは、新聞を読むときに、これを念頭に読むのも一興かもしれません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/27 21:25
テーパリング(刺激策の削減)を予測したぐっちーさん
FRBが量的金融緩和の縮小(テーパリング)をすることが18日に決まった。すごいなあと僕が思ったのは、これをぐっちーさんが一か月以上前から、正確に予測していたことだ。市場の大勢は、来年の1〜3月と予想していたのに。(本稿は、ぐっちーさんの要請あれば、削除します) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/20 00:14
「浦島太郎」話的報告書
ロシアの子供たちに浦島太郎の話をすると、おもしろくないと不評だ。正義の味方が悪人を懲らしめるわけでもなく、王子様とお姫様が結ばれるわけでもない。「玉手箱をあけるとおじいさんになってしまいました。おしまい」“So what?” である。浦島太郎さんがした数奇な経験を知ることができても、読み手に得られる結論がない。出張報告などの実務の文書では、この手の浦島太郎話は、ご法度だ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/12/08 20:55
2020年のテレビ
居間でソファーに座って、ザッピングしながらぼーとテレビを見るというと習慣はなくならない。テレビは、プッシュメディア、ネットは、プルメディア。プッシュメディアのニーズは、将来も必ずあるので、今のテレビも放送局もなくならない。と、よく言われる。僕も、テレビがすべてすぐネットに代替するとは、思わない。しかし、消費者にとっては、放送と通信の違いなんて意味不明の議論で、ネットや放送を普通に混ぜて使うようになる。プッシュとプルの違いなんてなくなる。そういう仮想の話を作ってみた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/01 13:59
大きくなっちゃうボラティリティ(変動性)
先日のぐっちーさんの「格付けって、本来は、ボラティリティを小さくするものなのに、皮肉にも、いまや、ボラティリティを大きくしてしまっている。」という話が、頭に尾を引いて残っていて考えています。ビジネスにしても政治にしても、安定性を得ようとしていることが、却って安定性を損なっていることが多いようです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/11/24 21:52
「ビジネスをつくる仕事」書評
おかげさまで、「ビジネスをつくる仕事」は、重版となりました。先週の金曜日にのぞいた丸善丸の内店(オアゾ)の新書週間売り上げベスト9になっていました。これだけの方が手にとって読んで下さっているというのは、本当にうれしいものです。さらに、いろんな方から正確な理解に基づく好意的な書評・コメントをいただいていて感謝感激です。アマゾン以外でネット上にでてきたものをいくつか紹介させてください。(尚、この本の電子書籍版は、このエントリーをご参照ください) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/10 20:56
「ビジネスをつくる仕事」講談社現代新書
こんな本がでています。アマゾンでは、よほど少ししか売れないと思って少ししか仕入れていなかったのか、在庫切れになったりしています。街の本屋さんでは、新書のコーナーに平積みででていることが多いようです。内容については、人気HPの「溜池通信」の10月15日分にて紹介ありましたので御参照ください。著者インタビューは、こちらです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/20 15:42
「そして日本経済が世界の希望になる」クルーグマン
クルーグマンが、アベノミクスを絶賛しています。インフレターゲットを設定して、「異次元緩和」を行う金融政策を支持しています。内容は、これまでの本などでの主張とほぼ同じです。とはいえ、消費税の増税には、反対しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/09 21:17
雇用者一人12万円の法人税減税
政府は、消費増税に伴い、5兆円を使って、法人税率を下げる経済対策を検討中という。しかし、これでは、低所得者の消費者から高利益企業への所得移転になってしまう。繰り返しになるが(ココ)、僕は、現有雇用者一人当たり12万円程度の法人税減税を主張したい。日本全体で対象となる雇用者が4千万人なら、4.8兆円の予算を使う。そして、企業がこの減税分12万円を雇用者の給料アップで還元すれば、年間所得約400万円以下の人にとっては、消費増税分より所得が増える。逆累進の是正にもなる。企業の雇用拡大意欲にもつながる。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/16 20:46
設備投資減税
企業の設備投資を促進させるための減税の必要性が指摘されている。金融緩和をした。財政政策を行った。消費は上向いている。あとは、企業の設備投資だ。という訳だ。しかし、今の時代においては、設備投資減税は、思ったほど効果がでないのではないかと僕は思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/12 00:13
ゼロサムゲームの作法
誰かが得をすると、その分誰かが損をする。テレビドラマにでてくる宮廷政治は、そういうゼロサムゲームだ。そこでは、全体の不利益を省みず、あるいは、全体の不利益を人質にとって自分の希望を通すものが、力をつけていく。ゼロサムゲームに勝つための特殊な戦略、つまり、ゼロサムゲームの作法がある。半沢直樹の住んでいるのもこういう世界のような気がする。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/09 00:02
単調な繰り返しの中に成長はある
成長というと、右肩上がりの直線をイメージしがちだ。しかし、現実の成長は、ばねを右上の方に引っ張ったような進み方だろう。上がったり下がったりを単調にぐるぐる繰り返しながら少しずつ向上していく。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/09 23:41
アベノミクスの7月は微妙説
アベノミクスについて、2月11日にこのブログで、「さてそのメッキがはがれるのが、7月の参議院選挙の前か後か、微妙な時期にみえます。」と書いています。(ココ)ほんとその言葉通りに、7月は微妙になりました。このアベノミクスの7月は微妙説の予想の結果が正しかったのだから、その予想の根拠が正しいと、一旦は、受け止めて考えても損はないでしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/06 17:50
よくできたソーシャルとは
ソーシャルメディア、ソーシャルゲーム、最近は、なにかとソーシャルと名のつくものが多い。はたしてよくできたソーシャルとは、どんなものだろうか。昨年訪れた、最先端の現代アートを示す越後妻有の上鰕池名画館に、僕はその可能性を感じる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/30 10:01
ストーリー脳
人間の脳には、ストーリー脳と言えるものがあって、ロジック脳や記憶脳よりも、強く且つ普遍的に働いているのではないだろうか。認知症の老人は、記憶力や論理力が低下しても、自分の失敗のつじつま合わせをする能力は、なかなか衰えない。また、日本のライトノベルの「All You Need Is Kill」(桜坂洋)がトムクルーズ主演で映画化され、「容疑者Xの献身」(東野圭吾)が欧米で高い評価を得るのをみると、強力なストーリーがメディアの種類や文化・言語の違いを軽々と乗り越えていると思い知らされる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/25 21:16
コンステレーションとストーリーとビジネス
臨床心理学で、「コンステレーション」という発想がある。クライアントの周囲に起こっている直接は関係がない様々な事実を夜空の星を見るように、冷静に眺めてみる。無理やり因果関係を見つけようとしない。ただ、その配置を眺めることで、自分が感じる驚き、喜び、違和感、連想などを大切に意識の上にくみだしていく。その過程の中で、自分が解決策を出さなくても、自然に相手の人間が問題を解決していくことがある。ビジネスにもあてはまるように思えてならない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/19 00:28
アベノミクスとヒートテック
ヒートテックは、じっと動かずにバス停で立って待っているときなどは、ちっとも暖かくない。しかし、10分ほど歩いたり、熱いものを食べてうっすら汗が出てくる頃に急にあたたかくなる。アベノミクスとは、そもそも、暖かくなりだすと加速して暖かくするヒートテックのようなものだった。少し動き出すと急にぽかぽか暖かくなるし、動きが止まって周りが寒くなるととたんに冷えてくる。だから、株価が乱高下する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/16 16:49
ビッグデータにおける小さな数字の大きな意味
ビッグデータのブームの中で、一部の統計学者は、腕を鳴らしてしゃしゃりでるよりも、懐疑的な態度をとっている。統計学は、少ないデータでどれだけ大きな意味を汲みだせるかを極めようとする面があるからだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/06/09 20:38
リスクアナリシス
日本の成長の為に、実は、今一番必要な考え方が正しい「リスク評価」ではないだろうか。中西準子の「環境リスク学」を読んでいてそう思った。情緒的な、「○xは怖い。すべて廃止するべきだ。」式の話ではなく、事実(ファクト)に基づいて危険性とコストを客観的に比較するリスク評価を、行政も、企業も、国民も理解しなければならない。それにもとづいて、災害対策と復興促進、安全安心と規制緩和、過剰品質とクールジャパンといった、時に相反する方向に働いて動きが暗礁にのりあげるものを解決しなければならない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/02 22:59
ナスレッディン・ホジャ(ナスルディン)の小話
以前にこのブログでトルコの小話について書いたところ(ココ)、もう絶版になっているその邦訳本「ナスレッディン・ホジャ202小話集」を知り合いが貸して下さった。Wikipediaでは、「ナスレッディン・ホジャ」と表記されている。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/26 23:52
タクシーの景気診断
タクシーのドライバーさんが、「世の景気がいい」と話しかけてきた。「お客さんが、みんな、景気がいいって、言うんですよね。いえ、タクシーは、まだまだですけれどねえ。」と。アベノミクスは、ここまで効いているのかと軽い驚きがあった。よく、タクシーのドライバーに庶民の景気感覚を聞くという。しかし、少し気を付けた方がいい面もある。普通の庶民は、タクシーなんてあまり乗らないからだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/18 12:08
「ブレイクアウトネーションズ」ルチル・シャルマ
BRICSの限界は見えた。次に成功する国は、チェコ、フィリピン、インドネシア、韓国、トルコ、スリランカ、ナイジェリアだと。著者は、毎月一週間新興国のどこかの国で過ごし、その国の第二の都市にも訪れ、街を歩き、あらゆる人と話をし、その国の将来性を探る。とてもインフォーマティブなので通読するには時間がかかる。自分が関係している国、興味を持っている国のところだけ先に読んでもいいだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/06 23:14
「新薬アクテムラの誕生」大杉義征
国産初の抗体医薬アクテムラを開発した中外製薬の研究者が、自ら開発の過程を説明している。企業内イノベーションの好例だ。大学などの社外とオープンに連携しつつ、一方で、外資の傘下入りなどで転変流転する社内環境の風向きを読みながら、上手に開発を進めている。企業内イノベーション、産学連携、海外との熾烈な研究競争、日本の創薬システムの問題(ドラッグラグ)、最近の抗体医薬開発の難しさ、などなど色々考えさせられる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/04 23:51
「経営センスの論理」楠木建
いいですねえ、こういう考え方は。日本の多くの会社では、主流とならないでしょうが、僕は激しく同意します。経営はスキルよりもセンス。イノベーションは、技術進歩ではない。非連続的で画期的なビジネスの構築こそがイノベーション。「よい会社」は、働きがいのある会社。などなど。とはいえ、この本を読んで明日から業績アップという本ではありません。そもそもつくりも冗長ですので、忙しければ、p75までと、p197以降だけを読むのもありかもしれません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/03 22:51
「統計学が最強の学問である」西内啓
「ビッグデータ」騒ぎには、僕は、ピンとこなかったけれども、統計学を前面にもってきてくれると、ストンと腹におちる。最強かどうかは分からないが、これからあらゆる学問や実務における必須のスキルになるのは、間違いないだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/30 21:30
「海賊とよばれた男」百田尚樹
読みだしたら止まりません。何度も目頭をあつくしながら、一気に読んでしまいます。出光の創業者の物語。2013年度本屋大賞。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/29 22:24
就業率ターゲット
日銀にインフレターゲットを公約させたのだから、政府は、三本の矢のうちの一番大切な「成長戦略」の軸に、15歳以上の就業率60%をターゲットとして公約すればいい。安倍政権が、19日の発表した成長戦略の柱に女性の活躍を成長戦略の中核と位置付けている。賛成だ。さらに踏み込んで、僕が2010年に主張した「就業率ターゲット」政策を実現すべき状況だと思う。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/21 15:20
国際版日本料理通信講座
中国、香港、台湾、韓国、米国、フランス、イタリアの7か国で「好きな外国料理」をきくと、米国を除いた全ての国で「日本料理」が一位だった。(JETROの調査)これなら海外の人向けに、日本料理の作り方の通信講座をすればどうだろう。包丁、炊飯器、食材などの通信販売とリンクできそうだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/04/16 21:14
人的資源の最適配分
黒田金融政策が市場を動かしているが、これも結局、日本の経済の生産性上昇が行われないと、むしろあとの揺れ戻しで害の方が大きくなる。日本の経済の生産性上昇には、サービス業などの非製造業の生産性上昇が必要だと、ステグイリッツも星・カシャックも繰り返し指摘している。では、現場のビジネスの視点でみると、サービス業の生産性上昇にはなにが一番きくだろうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/12 00:10
「何が日本の経済成長を止めたのか」星岳雄・アニル・K・カシャップ
簡潔、公正、現実的。短時間で読めるので、昼食時に同僚と論をぶつときにも便利でしょう。十分にロジカルで、それ故にとても簡潔に構成されていて、要約のしようもない。そこで、僕の自分の考えも織り交ぜた感想を書きます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/07 21:57
解雇制限の緩和
解雇制限の緩和に、僕は、賛成。しかし、経営者はそんなに楽になるのだから、同時に、非正規社員の正規雇用化、定年の70歳までの延長、正規社員の20代での中途採用の拡大などを企業側にのませたいものだ。流動性の増加によって、雇用が増えるようにしたい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/03 21:59
ナスルディン(ナスレッディン・ホジャ)の鍵
「H・ミンツバーグ経営論」(ミンツバーグ)を読んでいたら、面白い中東の小話がでてきた。成長戦略、新規事業、イノベーションを求める人や組織には、よく聞いてもらいたい小話だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/03/26 21:58
創発的戦略
1960年代にホンダがアメリカ進出に成功したのは、入念な計画に基づいた「意図的戦略」ではなく、偶然の機会を上手くつかった「創発的戦略」と知られている。不確実性の高い現代では、ますます、「創発的戦略」の重要性が高まっている。しかし、企業組織は、創発的戦略から目をそむけ、「意図的戦略」ばかりを目指してしまいがちだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/03/24 21:02
ネットとリアルサービスのすりあわせ
ECなどのネットビジネスの世界では、O2O(Online to Offline)と言われて、ネットとリアルサービスの連携が注目を浴びている。とはいえ、実際にやってみると、ネットとリアルを上手く機能するようにスムースにつなげるのは難しい。だからこそ、日本企業が得意とする「すりあわせ」の技術で、実現できないだろうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/03/20 22:56
日本たたきと経済ポピュリズム
今日の日経の私の履歴書で、元通商代表部代表のカーラ・ヒルズ氏が、1980年代のアメリカで行われた日本たたきについて書いている。僕は、尖閣列島に関係して中国で行われた日本企業への民衆の攻撃をみたとき、アメリカで行われた日本たたきの映像を思い出した。電機製品にしろ自動車にしろ、日本の輸出製品は中の上クラス向けが多いので、ある社会において中流以下の経済的不満がつもり経済ポピュリズムが高揚してくると、日本が、スケープゴートになりやすいのではないだろうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/03/17 22:34
「本当は凄い日本経済入門」山口正洋
ちゃらけた文体(失礼!)で、真実をいい続けてきた世界経済のみとり図です。日本は、大丈夫。中国は、大変。欧州は、どうしようもない。アメリカは、ボルガールールが金融界に痛いが、シェールオイルは朗報と微妙な表現をこの本では記述しています。しかし、メールマガジンでは、最近、はっきりとアメリカ経済の復調を伝えています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/10 21:36
禅問答の生産性
ネット上での頭のいい人同士の論争をみていると、どんな立派な人でも途中から感情的な言葉がいきかい、結局、生産的ではなくなってしまう。むしろ、相手の質問や課題提供に対して真正面から答えず、ブレインストーミングにように、相手の質問に触発されてこんなことを思いついたというような対話の方が、クリエイティブで建設的になる。いわば、禅問答のような、あまりがっしりかみ合っていない対話の方が生産的だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/03/07 21:50
「中国台頭の終焉」津上俊哉
中国への愛のこもった、中国経済に対する最も悲観的な警告。今後の中国は、成長率5%程度の中成長がせいぜいで、GDPで米国を抜いて世界一になる日は来ない、という。2003年に流行言葉にもなった「中国台頭」を著し、サントリー学芸賞をとった著者が、自らその終焉を告げる書である。自らの論の射程を明確にしているのは、なんと知的に誠実なんだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/02 23:26
連帯保証に反対
法制審議会の民法部会が民法の個人保証の制度の変更を提言している。僕は、もともとビジネスの世界で個人の連帯保証を要求するのに反対だ。企業にいる優秀な人が起業するときに、失敗すると自宅までとられると思うと、ベンチャービジネスにでてこられない。ベンチャーキャピタルたるもの、個人保証などとらずにそのプロジェクトの優劣をみて投資や融資を判断するべきだろう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/28 21:36
アベノミクス
車の後押し的効果です。もともと、何もしなくても経常収支黒字の縮小、円安、企業業績向上の傾向がでていました。それを後押しするように口先介入したので、その傾向がより強くでました。しかし、時間がたち口先分が実現してこないと失望につながり、もともとの回復力をかえって少し痛めるかもしれません。さてそのメッキがはがれるのが、7月の参議院選挙の前か後か、微妙な時期にみえます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/02/11 22:02
人的資源の配分ミス
日本社会のここのところの停滞は、人的資源の配分ミスによるのではないだろうか。この何十年と、大量の優秀な人を医者と官僚に配置してきた。最近では、外資系の金融機関に優秀な若者がいくという。教育が悪かったのでよい人材が育たず停滞したのではなく、社会の成長にもっと役立つ仕事に適材適所で優秀な人材を配置しなかったからではないだろうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/27 20:33
ガラケーかえり
スマートフォン(スマホ)を使っていた若い人で、ガラケー(ガラパゴス携帯)といわれる従来の携帯電話に戻る人がでているという。ゲームなどでどうせタブレット端末も持ち歩くなら、電話機能は、軽くて小さいガラケーの方がいい。インターネットをみるのは、スマホよりも画面の大きなタブレット端末の方がみやすい。そうすれば、スマホをつかっているよりも通信費が安くなる。もっともなことだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/17 23:33
「世界の経営学者はいま何を考えているのか」入山章栄
ようやくでたかという印象です。なんでもアメリカのものがすぐ入ってくるのに、経営学だけは、アメリカの最新のものがなかなか日本に翻訳されてはいってこない。それで日本のコンサルタントや戦略立案担当者は、本人が何年も前にMBAを取った時にアメリカの大学で話題になったことを、情報の更新もせずに未だにいい続けていたりする。アメリカではもう否定されたり関心が呼べなくなった議論を得意げに話しているのをみるとこっけいであり、あわれである。ドラッカーにしろ、ポーターにしろ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/06 21:54
ビジネスを傾聴する
カウンセリングなどでは「傾聴」という技術が重要である。自分が話すよりも、できるだけ相手の話を聴くことを重視する。但し、聴くことを多くするからと言って意識を低レベルにしてしまってはいけない。自分が話す時以上に集中して高いエネルギーをもって聴くのがみそである。それでないと相手を回復させる傾聴ができない。ビジネスをするときも、特に新しいビジネスを始めるときや新たな改革をしようとするときは、そのビジネスの動きをまず傾聴する姿勢が大切だと思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/20 22:44
失業率基準
FRBは、12日に、失業率が6.5%に低下するまで事実上ゼロ金利政策を継続すると決定した。なんとも珍しい、中央銀行当局による失業率の数値基準の導入である。この決定自体に対しては中央銀行のすることなのかという疑問が消えない。しかし、雇用が経済全体に及ぼす影響を重要視しているという点では、「政府による雇用率ターゲット」を提案した僕としては、うれしい。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/18 07:35
自称「撤退屋」
撤退戦が上手だと自己アピールする自称「撤退屋」のビジネスマンをときどき見かける。だいたいは、あまりできがよくない。以前に書いた自称「参謀タイプ」が、よくないのと似た印象がある。(「参謀タイプ」) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/09 20:49
アウトプットを増やさないとインプットが増えない
一般に信じられているのは、知識というインプットを増やさないと、行動して結果を出すアウトプットが増えないという話だ。しかし、現実には、アウトプットを増やさないとインプットが増えないのも事実だ。行動しないと情報ははいってこない。アウトプットしようとしないと、入ってきた情報が実際に役立つ形で身につかない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/02 21:43
企業業績の崖
パナソニックとかが、巨額の損失見通しをだしたりしている。政治では、「財政の崖」なんていっているけれど、企業もけっこう、「企業業績の崖」をみている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/11/11 21:44
成長のための分配と公平のための分配
ロムニー氏が「ビジネスが分かる。経済が分かる。」というのを武器に巻き返しているのは、とても興味深い。アメリカの社会は、こんなに格差の拡大に困っていても、公平のための分配よりも成長のための分配を求めるのだろうか。そして、対照的に、日本の社会は、こんなに成長に困っていても、成長のための分配よりも公平のための分配を求めるのだろうか。どの政権も、社会福祉予算が削れないをみて感じてしまう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/05 20:49
超従順法
日銀が、「デフレ脱却への取り組み」という政府との共同文書をだし、追加緩和と貸出支援策を打ち出した。日銀の独立性を損なうようにみえる上に、実効性も期待できない。よくこんなことを受けたものだと最初は思った。しかし、これはバカ殿様につきあう、できるサラリーマンの「超従順法」にもみえてきた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/31 21:27
「ユーロ破綻 そしてドイツだけが残った」竹森俊平
タイトルの言葉に賛成反対の関心をもって読もうとすれば少し肩すかしを感じるかもしれない。危機の構造を明らかにすることに主眼が置かれているので、この本を参考にして今後のユーロの動きを注意深くみていれば、タイトルとは反対に、「ユーロの復活」すらも見通すことができるだろう。ユーロの危機について色んな人が主張する理論と事実とについて、現時点で最もバランスよく整理された信頼できる情報を得るのに適している。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/10/28 22:52
医療技術とお金
山中教授のノーベル賞受賞が決まったときに、この世界的にも画期的な技術が、研究費不足で悩んでいるのが改めて世に知るところとなった。製薬メーカーは、毎年巨額の開発予算を組んでいるので、その一部でも回らないものかと思ってしまう。ネットで調べてみると、製薬には特許があるが、治療法には、特許がない。医療技術とお金の問題は、なかなか色々な事情がありそうだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/10/22 07:20
スティグリッツとクルーグマン
今日の昼の12時からNHK BSで、「知の巨人・世界経済再生への提言」と題してスティグリッツとクルーグマンのインタビューがでていました。ちょうど、二人の本を読んだところだったので、興味深かったです。このブログにも書きましたが、本では日本の事をあえて書いていない様子でしたが、そこはNHK、「日本は?」とちゃんと聞いていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/08/19 18:17
イケメン通り
新大久保が、若い女性が群がるキャピキャピした街になっている。そう聞くと、好奇心の強い僕は、いてもたってもいられなくなって、街探索をしてきました。いやあ、15年程前とは、様変わりですね。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/25 21:19
収益性と多角化の矛盾
多角化は、収益性と矛盾する。だから、株主は、投資先の会社が多角化することにメリットを感じない。しかし、株主以外のステークホルダーである従業員や取引先は、会社が長期間つぶれずに存続してほしいので、多角化にも賛成する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/01 21:01
輸出依存度
日本の輸出依存度は、高くない。「輸出依存度の高い日本は、円高の影響を受けやすく」という台詞がよくでてくる。先日も全国紙の一面にでていたようだ。でも実際は、他の国と比べて日本の輸出依存度は、決して高くない。円高の影響が大きいか小さいかなどは、まだ議論の余地があるが、輸出依存度が低いという事実に反することを書くのは、もうやめてもらいたいものだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/06/26 22:27
認識はアナログに、行動はデジタルに
僕は、かねがね「梅雨入り宣言」というのは、興ざめな所作だと感じている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/14 20:43
複線型育成
W杯最終予選に2連勝した日本代表のサッカーをみていると、育成については、後から追いつける複数のコースがあるのがいいと痛感します。日本代表の先発メンバーの中でエリート育成コースのユース出身者は、吉田選手一人だけ。本田、香川、長谷部、遠藤といった主力含め9人が高校サッカー出身。長友選手は、大学サッカー出身です。会社でも政界でも、やはり、複数の育成コースがある方がいいのでしょうね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/10 18:19
全長ワンマイルビジネス
ネットスーパーや、お昼のお弁当の配達などを狭い地域でまとめてやってくれるビジネスは、成り立たないだろうか。地元の商店・スーパーから受取り、近くの個別の家に配る。大きなビジネスで中央から地域に送られるラストワンマイルではなく、始まって終わるまでの全長がワンマイルのビジネスである。今経営に苦しむ新聞配達所がこの運営に協力できないだろうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/03 17:00
雇用の社会的効用
宇沢弘文著の「自動車の社会的費用」という、古典的名著がある。そのむこうをはって、「雇用の社会的効用」という論を誰か書いてくれないだろうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/13 20:26
大学ですること
企業の側は、大学にどういう人材を育ててほしいと思っているのと大学の先生に聞かれた。最近の学生さんに会うと、どのひともサークル活動の話ばかりで、違和感があったのでちょっと考えてみた。企業を代表する意見ではないと思うけれど、僕が大学と学生さんに期待するのは、本質を見抜く癖ややり方を身につけることだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/05/07 07:15
高齢化と金融危機
先進国で周期的に起きる金融バブルとその崩壊による金融危機は、実は、高齢化と関係があるのではないだろうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/22 22:04
圧迫面接とおだて面接
就職活動の季節のようだ。ご苦労なことである。ところで、入社面接で、わざと、答えに窮するような質問をして、そのときの対応ぶりをみる圧迫面接という方法があるという。やな話である。そんなことをする会社なら、こっちから願い下げだと言って断っといで、と学生さんに言ってやりたいが、今はそんなのんきな時代ではないらしい。会社の側としても、そんなことをするよりも、ほめておだてて、そのときの反応を見る方がよほど人間の器がみえるように思うがどうだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/08 23:47
健康寿命が3割伸びる
血管の細胞層の炎症反応を起こりにくくすると、マウスの寿命が三割伸びたという。3月7日に東北大学医学部の研究グループが発表してから時間がたって考えるほどに、この研究の意味が大きいと思いようになった。いや、これはすごい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/04/01 20:41
日本酒のグー、チョキ、パー
日本酒の味わいを、グー、チョキ、パーの「じゃんけん法」で表現するのを提案したい。グーはパンチ力、チョキはキレ、パーははなやかさ。たとえば、お客が、「パーが強くて、グーはなくてもいいけれどチョキが少しあるお酒がほしい」というと、お店が「九平次」を持ってくる。消費者が日本酒の味わいを言葉で表現できるようにすると、日本酒好きのすそ野が広がると思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/03/11 22:45
大手町の昼飯屋
大手町の昼飯事情は暗い。味や値段にかかわらずどこの店に入るのにも行列を並んでしかはいれない。おまけに高い。その割に、店の方もそんなにはぶりがいいようではなく、よく撤退して店が入れ替わっている。これはなにか、商売の仕組みが、お客も店もビルオーナーもみんな損になるような構造にできてしまっているようだ。これをwin-winの関係、つまり、みんな楽しい関係にするにはどうすればいいだろう。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/06 21:48
技術で勝って事業で負けた
日本企業は、技術革新にばかり目がいき、事業の革新に素朴に無策であった。日本の半導体や薄型テレビなどの電子産業の敗北を振り返るとそう言わざるを得ない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/28 23:03
ライフネット生命上場
ライフネット生命に、マザーズへの上場承認がでた。上場日は3月15日予定とのこと。 ちょっぴり関係していたこともあってとっても嬉しいですね。(ココ) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/11 16:55
日本がデジタル家電で負けた日
2004年に僕は、フォーサイトに、「日本がデジタル家電で勝ちきるために」と題して寄稿した。そこでは、「デジタル景気」といい気になっていると、パソコンのように最後にグローバル市場で負けてしまうと警鐘をならした。最近の新聞の報道によると、今期、パナソニックは7800億円の赤字、シャープは2900億円の赤字。ソニーは、社長が交代した。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/05 20:54
「弱い日本の強い円」佐々木融
マクロのシンプルな理論が、多様な角度で分析された事実で確証され、ミクロの現場の実感で裏書きされている。こういうのが、「正しいけれど、あたりまえではない」現場で役に立つ洞察というものです。僕が1986年から社会人をやってきて得た実感ともすごくあいます。一方で、政治家さんやマスメディアや一部の居酒屋でご高説をぶっているおじさんとは、ずいぶん違う意見です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/18 00:11
ユーロ
資金繰りについては、大局観よりもミクロの予想が正しい。ビジネスでは、キャッシュがなくなりだすと、「とはいっても倒れまい」と思っている立派な会社があっけなく倒産する。そこでの勘で言うと、ユーロも崩壊しそうな気がする。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/11 18:53
薄くなったユニクロ
ユニクロの生地が随分薄くなっている。数年前のTシャツやスウェットと比べると、かなり薄い。ヒートテックが同じ保温力で薄くなったのは性能アップのはずで、悪くなったとは、一概にいえない。でも、Tシャツやスウェットなどの冬の部屋着が薄くなると、前の厚さの方がよかったと思ってしまう。ネットでもたくさん書かれているので、今後消費者がどう動くかかみものだ。そろそろ、飽きがき始めているようにも思うし。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/06 21:29
プランテーション経済
ニューヨークの格差是正デモを見ているとなんとも哀しくなる。「1%の金持ちと99%の貧乏人」というのは、かつてのプランテーション経済と同じである。この現代のプランテーション経済を生み出したのは、時の証券会社の社長や大統領や議会はなく、先進国の経済全体が、中産階級を育てず格差を拡大する構造に変容しているからである。だからこそ、格差是正デモは、これといった統一した要求や対応策を打ち出せずにいる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/23 22:00
中国のバブル
中国のバブル崩壊をいう人が増えてきた。ぐっちーさんもメルマガで警鐘を鳴らしている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/20 20:49
イタリア
イタリアに火がついたとなれば、ギリシャは、もうダメなのでしょうね。お城を守っていて、内堀に火がついたと聞けば、ぎりぎりで耐えていた外堀はもう崩壊したとみるべきでしょう。そして、EUは、中小企業の回し手形金融の状態なので、一つがこけると連鎖倒産してしまいます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/16 21:31
オリンパス
“TOBASHI”と海外のメディアで報道されているのを、”TOSHIBA”の社員はどう感じているのでしょうか。台湾の夜市でありそうですね。品のない冗談はともかく、よく20年間もばれずに引き継いできたなあ。というのがサラリーマンとしての正直な感想です。僕なんて、地下鉄の電車代の精算でも足し算の間違いを見つけられるちゃうのに。では、振り返って、どこでどうみつけることができたはずなのか、少ない情報から勝手に想像してみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/13 20:39
ギリシャと北海道
ギリシャは、北海道が日本から独立したようなものだ。北海道は、公務員の数がべらぼうに多く、公共事業などの国から流れるお金で成り立っている。ギリシャも公務員が多くて、同じ通貨を使うなら、EUからの金の移転をしないと経済が回らない。つまりこれだけ弱い経済だと、独立を維持しながら、EUと同じ通貨を使うのは、どだい無理がある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/09 20:59
日銀の長期国債購入
フィナンシャル・タイムズ紙が11月1日の社説で、円高圧力に緩和には、為替介入よりも、日銀による長期国債の購入のほうがいいと主張している。どうして、日本のメディアや政治の場でもっと日銀の長期国債購入を議論しないのだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/03 21:45
衰退の管理と創造の管理
イギリスの外交の基本に「衰退の管理」という考え方がある。身もふたもないリアリズムを貫徹したイギリス外交の真骨頂だ。一方、民間企業において常に意識させられるのは、これと対極にある「創造の管理」という考え方だろう。そもそも、創造と管理とは、本源的にあいいれないだけに、「創造の管理」もまた難しい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/20 22:16
円高
円高をそう深刻に心配する気にはなれない。2008年9月くらいから「70円あたりに介入の抵抗線をひけば」(ココ)と言っているくらいなので、驚くほどでもない。もちろん、僕の勤める会社も含め、円高で業績は、大きく打撃を受ける。しかし、際限のない自国通貨安よりよほどいい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/04 22:24
地球寒冷化?
17世紀後半に太陽活動が活発でない時期が70年続き、地球は、寒冷化していた。そして、今、太陽活動が停滞し始める徴候があり、寒冷化するかもしれないという。まだ、確定していない仮説らしいけれども、人間の出したCO2だけが、地球の温度を左右するという考え方よりも、僕は、好きな発想ですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/10/02 21:24
抜本的なCO2削減
日本のエネルギー効率は、他国に比べて群を抜いていい。米国と中国が、日本並みのエネルギー効率となれば、日本がCO2排出量の削減をしなくても、地球温暖化問題は解決する。米国と中国が、日本からエネルギー効率のよいプラントを購入すればいいのである。それで世界中が助かる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 5

2011/09/28 21:57
インドネシア
先週は、ジャカルタに行っていました。インドネシアは、人口が2.4億人で世界第四。ASEANでは、人口の40%、GDPの1/3を占める。イスラム教徒の数では、断トツで世界一。資源が一杯あって、5〜7%の経済成長を続けている。まあ、ひとことでいうと、まぎれもなく、大国ですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/07 21:33
ライフネット生命保険
今日、テレビ東京の「カンブリア宮殿」で、ライフネット生命のことをまるまる一時間かけて放映していた。生命保険の許可を得る前の、社員が4人くらいのときから、関わっていたので、感激もひとしおだ。20日の21時からBS-Jで、再放送をするようなので、ご関心のある方は、見てやってください。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/14 23:20
市場の失敗
地デジ対応ももうヤマを超したろうと、吉祥寺の家電量販店にテレビを買いにいくと、大勢の人がいて驚いてしまった。店員さんをつけてもらうのに、番号札をとって一時間待ち。それで注文を確定してから、今度は、お金を払うために、またさらに一時間待ち。こんな商売、買う側よりも、売る側をやってみたいものである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/03 22:02
1/∞ x ∞ =?
震災の被害をみていてつくづく感じる。ある事象が、限りなくゼロに近い確率でおこり、しかし、一度起こると限りなく大きな災難をもたらすとき、その期待値は、どう評価すればいいのだろうか。1/無限大 x 無限大 は、0だろうか、無限大だろうか。(1ではないと思うけれど)原子力技術に限らず、地震に対応しなければいけない工学技術というのは、これから、常にこの問題に直面する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/19 22:11
フェイスブックの友達問題
実名登録がルールのフェイスブックでお友達リクエストの対応が難しい。会社のエライ人、配偶者の親戚、重要な取引先の交渉相手。こんな立場の人から友達のリクエストをもらうと対応に困るだろう。承認も拒否もせずにほっておくというのが、一般的な対応らしいが、それとて、相手が気付かないはずがない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/06/02 23:08
構造的親日国
ベトナム、インド、台湾、ロシアなどは、大変親日的な国である。これらの国は、中国という大国に接しているが故に、意識無意識のうちに、日本に対して親近感をもちやすいようにみえる。中国が大国として力を伸ばし、且つ、これらの国が引っ越しをしないかぎり、対日感情が基本的によい、いわば、構造的親日国である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/29 22:12
人口減のせいにするな
日本の人口が減少するので、今後の企業業績の成長は見込めないという。企業のトップ自らが、担当者が、あるいは、企業評価の専門家がそういう。でも、市場シェア80%の会社ならともかく、40%もとっていないで、そんなことを言うのは、ちと、おこがましくはなかろうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/25 21:53
集中の不効率、分散の効率
「選択と集中」、「情報を集中しろ」などと、何かと集中することはいいことだといわれる。しかし、集中が不効率で、分散の方が効率的なこともある。情報と意志決定を、官邸に過度に集中するよりも、官僚や地方自治体に上手に分散した方が効率的だ。また、電力消費は、どうピークの需要を集中せずに分散させるかが課題になっている。省みるに、僕は、集中よりも分散に向かう発想が好きなようだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/08 21:12
転勤
季節柄、転勤や留学で引っ越しする人が多い。外国で、そこの文化を知ろうとする人には、僕は、いつも、入江昭氏の言葉を受け売りで話している。これは、国内で引っ越したときでも、転職をしたときでも、あるいは、同じ会社で、配属先が変わったときでも使えるように思える。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/04/20 22:38
危機対応
前回、前々回と、サラリーマンのコツとして、危機的状況の時に、主としてエライ人への対応、及び、情報の取り扱いについて書きました。今回は、そういうときのどういう体制でのぞむべきかについて、書いてみました。(いつものように、引用は、青字です。)前回同様、原発や民主党政権の是非についてあえて議論にたちいっていません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/04/12 23:05
サラリーマンのコツ 原発情報編
カズがカズダンスをちゃんとしたように、サラリーマンは、サラリーマンをちゃんとやりましょう。今回は、サラリーマンのコツとして、過去に僕が書いたモノを中心に、原発の具体例を参照して、危機のときの情報の扱いについてのコツを書いてみました。前回同様、原発や民主党政権の是非については議論に敢えてたちいらず、将来の現場の実践のための教訓を得ようとするものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 7

2011/03/30 22:58
結果の報告
決算期末も近く、これから、サラリーマンは、決算の報告や、人事評価の季節である。言ってみたいですね。「えー、今回の実績は、念のためにご報告しますが・・・期待された計画値より低くはあるものの・・・直ちに、会社に対して甚大な損失を与えるものではなく・・・長期的に継続しても、不都合がある一定の確率で起こるかもしれないというレベルで・・・とはいえ、不都合が起こった場合の影響度合いは、予測困難ですが・・・なにとぞクビなどという過度な行動を控えていただきたく・・・」 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/03/27 10:14
サラリーマンのコツ 原発特別編
記者会見での説明をみて、「東電の幹部はなっとらん」と口汚くののしる人も多い。でもねえ、あの程度のボスにいちいちきれてるようじゃ、日本の下っ端サラリーマンを20年も続けられまへんで。日本のサラリーマンたるもの、あの程度のボスと、現場の危機的状況を所与の条件として、ベストの手を打ち続けなければならないのです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/03/22 21:54
街をテーマパークに
地域を活性化するために、街をテーマパークのようにして観光産業を興そうという発想がよくあります。でも、結局は、東京の有名な施設の小型版をつくったり、単なる公共工事の予算どりでしかない場合も多いのが残念です。それとは、異なるらくちん流のアドバイスを書いてみます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/03/07 21:21
新番組「いいニュース」
夜の11時頃から15分ほど、いいニュースだけを流す番組をつくって欲しいですね。犯罪発生率が減ったとか、梅の花がほころんだとか、企業の収益が拡大しているとか、そういうニュースだけ。子供の虐待とか、八百長の大相撲とか、あかんたれの政治家とかの、まゆをひそめるニュースは、一切なし。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/02/12 14:28
規模のスマイルカーブ
先日、「規模のスマイルカーブ」という言葉を聞いてとても興味深く思った。つまり、横軸に、規模の大小、縦軸に利益率をとって、ある業界の各企業をプロットすると、丁度、スマイルのように、両端があがり、まんなかが下がった線が描ける。その業界では、零細の規模でやっているか、大規模でやっている会社は利益率が高いが、中くらいの規模だと、一番儲からない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/20 21:19
西欧の終焉
19世紀以来、西欧と言われるユーラシア大陸の西端の住民が、ヒトという種の全体に強い影響力を持ってきた。その時代が、終わろうとしている。世界史的には、日本の衰退などは、一つの小さなエピソードであって、西欧中心世界の終焉の方が、時間的にも規模的にも桁違いに大きな変動だろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/16 22:22
日本再考
あんまりどこでも、人口減少で、日本も衰退する一方のようにいうので、ちょっと、反発してみたくなってきた。そもそも、たかが数%程度のゆっくりとした人口減少くらい、吹き飛ばしようがあるだろう。数%たくさん働いて、数%たくさん消費して、数%智恵を働かせれば、挽回できそうなものである。FT(フィナンシャルタイムズ)にも、「経済が停滞しても幸せな国ニッポン」という記事がでている。(ココ) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/10 22:06
僕流のカンブリア紀
僕は、以前から、一人の一生の中で、天道、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道の六道が巡る輪廻が起こると考えて楽しんでいる。(「僕流の輪廻転生」)それと同様に、進化上多様な生物が一気に登場したカンブリア紀と同様の時代が、一人の一生の中にあるように思う。また、いろんな新しい行動スタイルを育むシリコンバレーと同様の心を、どこかに常にもっていたいと思う。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/26 22:34
雇用を伴う法人税減税
いまや、予算編成の最大の課題は、法人税の減税である。必要性は分かるけれども、果たして、雇用増につながるのか、結局、ウォールストリートの連中だけが儲かる結果になるのではないかといった議論がされている。これに対応するためにも、僕が主張している人頭割の雇用減税(法人税減税)がいいと思う。企業側にしても、減税の結果、雇用も増やさず多くの減税を受けた企業として、後から世論にいびられるよりも、すっきりとしたルールで妥協した方がいいのではないだろうか。ある意味で、とても現実的な妥協点でもあると思うのだが。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/12 21:10
「132億円集めたビジネスプラン」岩瀬大輔
今、急成長しているライフネット生命保険の副社長で、且つ、創業メンバーが書いた本。日本で76年ぶりの独立系生命保険を誕生させたビジネスプランの説明です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/28 21:09
日経新聞
今朝(18日)の日経新聞の朝刊の一面に、「雇用増やせば法人税控除」との記事がでた。僕が11月6日の朝日新聞で主張した「人頭割減税で雇用創出」ととても似た案だ。もう一つ。同日の「経済教室」でモノとサービスの融合について述べられている。これも、僕が2008年にこのブログで主張した「メディアとサービスとモノ」の見立てと似ている。どちらも、いくらかでも実現すると嬉しい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/18 23:46
中国の政権の正統性
選挙に基づいていない、中国の共産党政権の正統性は、一つには、経済成長、もう一つは、日本軍を追い出したという歴史によっている。と、言われることがある。僕は、巨大な人口、巨大な領土を、それでも一つの国・市場としてまとめている価値を、中国の民衆がちゃんと理解しているのだという視点を付け加えたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/11/17 00:21
デジタル技術は儲からない
成長戦略の柱にと、よくデジタル技術、IT系ハイテクなどがあげられる。漠然と、パソコン、携帯電話、テレビとその派生商品などを製造する産業をイメージしているようだ。ところが、その分野は、現実のビジネスとしてみたとき、儲けるのが難しい。なぜなら、デジタル技術は、本質的に移転しやすく、まねしやすいからだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/11/14 21:19
人頭割減税で雇用創出
朝日新聞に載せていただいて(ココ)、色々頂いたコメント・疑問に対する、説明をここにあげておきます。でも一番多かったコメントは、内容についてよりも、「ブロガー」という肩書きに驚いたというものでした。確かに、社会的価値は、そちらの方が大きかったかもしれませんね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/07 16:06
私の視点
今日の朝日新聞の朝刊の「私の視点」というカラムに、僕の提案した経済政策、成長戦略が載っている。いつも立派なポジションの方々が載っているカラムに、僕のようなただの「ブロガー」が載せていただいて、感激している。紙数に限りがあったので、以下、補足したい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/11/06 07:54
ネットとリアル
最近のマーケティングは、安くて薄く広がるネットと、生身の人間が接するリアルの組み合わせが効いているようにみえる。その中間のそこそこの印象を残し、そこそこの広さに伝わるコストの高いテレビや紙メディアの効き目がうすらいでいる。そういえば、ツイッターのユーザーは、これまでのネットユーザーに比べて、リアルで会っている機会が多い気がする。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/03 21:50
達成感
若くて仕事のできる人の悩みをなんとなく聞いていたら、「仕事をちゃんとやっていると思う。なのに、達成感がない。」と言っている。たしかに、僕も、学生時代の文化祭のときの「底抜けの達成感」というのを、社会人になって24年間味わったことがない。「プロは、みんなそうじゃないの。」と、ちょっと大人のコメントをしてみたが、さて、彼には、逆効果だったかも。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/29 17:16
計画された偶発性
キャリア論で、「計画された偶発性」という議論がある。人生の目標を設定して、その目標に向かってキャリアを形成しようとするよりも、偶然についた職場、担当した仕事をまずは、一生懸命やってみて、それを活かして次の仕事にステップアップしようという考え方だ。これは、キャリアだけでなく、パブリシティを使ったマーケティングや、さらに、ビジネス全般に言えるのではないだろうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/24 22:11
日本のバブル崩壊の類似性
白川日銀総裁の9月16日の講演(ココ)は、日本のバブル崩壊後の経験にみる類似性と特殊性についてでした。相変わらず、名指しで世界の論客を批判するし、本質的且つ現実的なことをズバッというので、面白いですねえ。短いですし、是非、プリントアウトして読んでみてください。自分のために、要約というか、ポイントだけ記録しておきます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/29 00:32
新商品アイデア
こんな商品があればなあというアイデアを書いてみました。3Dビデオ・ビューアー、常時天気予報「置き天気」、ブレスレッド型タイムラインブラウサ「タイムライナー」、30秒限定動画アップロードサイト。既に、発売されているのがあるのかもしれません。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/26 18:46
最近読んだ経済の本
東洋経済(8月14・21日号)で出た上半期経済書ベスト20を中心に並べてみました。日本のデフレとその対応に対して、色んな角度からの冷静な振り返りがでてきたとの印象を持ちました。東洋経済のランキングは、(東○位)で表記します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/09/23 22:27
人頭割雇用減税と就業率ターゲット
今の日本のデフレ対策には、政府が今後10年の雇用率(就業率)のターゲットを決め、それを達成するために雇用者数に応じて法人税が減税される人頭割雇用減税を実施するのがよいと思う。失業率でなく、就業率を目標にすることで、失業者に加えシニアや女性の就業も促進し、少子高齢化、人口減の対策になる。所得格差を縮小し需要を拡大する。且つ、赤字の不効率な企業には、メリットを与えない。そして、長期的に持続可能な対策を示すことにより、期待を形成し、政策効果をより強くする。(超長くてスミマセン) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 1 / コメント 4

2010/09/12 20:39
小野理論
菅首相の、経済学の指南役とされる小野善康教授。講義の結果、首相から出てくる政策は、増税しても経済成長できるとか、不思議なものが多くて、ちょっといかがわしい学者かと思ってしまう。しかし、学者としては、一級品、竹中教授なぞよりは、格上なのは間違いない。小野理論によるデフレの記述などは、ちょっとほれぼれするくらい美しい論理で、且つ、現実の感覚にあっている。ところが、提唱する政策は、今いち。前回(ココ)に続いて、小野理論から、デフレ論をみてみたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/09/07 23:24
デフレ論
デフレの原因と対策についての理論についてまとめてみたい。デフレは90年代の日本特有の現象ではなく、今、EUでもアメリカでも起こり始めており、色んな立場からの議論が一通りでてきている。不幸にも先行した日本での色んな対策の結果もみえてきた。そして、それぞれの議論と経験について、僕のような一般の消費者・労働者がもつ主観的な印象を込めていく。なぜなら、一般の消費者や企業の現場での期待や予想こそが、社会全体のデフレや景気に影響するから。(今日は、長いです。) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 1 / コメント 3

2010/09/05 23:13
円高について
今回の円高は、来るかもしれないと思っていた人が多いのではないだろうか。むしろ、もっと早く85円になると思っていたのに、時間がかかったとすら言う人もいるだろう。僕も2008年9月に「ドル安への備え」というタイトルで、今後多少のドル安になったところで、為替介入の効果はないので、70円あたりになってようやく介入をする抵抗線を決めておけばどうかなどと、先走って書いている。(ココ) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/30 22:34
みんなの銀行
今、経済の問題が起こると、みんな中央銀行に頼ろうとする。本来の中央銀行の機能は、通貨発行に加えて、「政府の銀行」、「銀行の銀行」だった。リーマン以降、いまや中央銀行は、一般企業や消費者へのファインナスの手まで考えなければならなくなった。あげくは、円高対策まで、政権党から期待される。企業の銀行、消費者の銀行、政権党の銀行、つまり、「みんなの銀行」の様相だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/22 21:56
白川日銀総裁の成長戦略
円高と四半期GDPデータが悪かったということで、首相と日銀総裁が来週会うという。その白川総裁は、5月の講演で、日本経済が成長するための処方せんを述べている。この講演趣旨をそのまま来週首相に言うならば、「日銀ができることはやっています。それよりも、派遣雇用の規制を厳しくするなんておやめなさい。」ということになる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/19 22:04
独裁者ゲーム
前回の「最後通牒ゲーム」とよく似た「独裁者ゲーム」というのがある。どうでもいいことだが、僕は、このネーミングは、よくなくて、小僧の神様ゲームとでもいうべきだと思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/05 23:18
最後通牒ゲーム
人間は、自分の利益が最大になるように合理的な判断をするというのが、近代経済学の前提だ。しかし、実際に実験をしてみると、必ずしもそうではない。自分が利益を失っても、不公平、不公正を許したくないという行動もする。ちょっと飲み屋でのネタにもなる社会実験である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/04 22:21
攻撃はシンプルで多彩に、守備は複雑で統一的に
サッカーのW杯を見ていて、思いました。攻撃は、シンプルなパターンを色々な種類持っているのがいい。守備は、複雑な組織になっているけれども、守る方法は、統一されているのがいい。意外と実社会でもあてはまるかもしれません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/01 21:20
マック・バイト指数
各国のマクドナルドのバイトの時給を基準に、各通貨の交換価値を試算してみてはどうだろう。各国のビッグマックの値段を基準にしたビッグマック指数というのは、昔から、為替市場などでよく語られる。しかし、ひき肉とパンの値段は、各国の輸入制度などの特殊事情の影響を受けるが、バイトの1時間の労働の価値は、同じと考えるのが、理にかなっている。マック・バイト指数の方が、ビッグマック指数より優れているのではないか。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/29 22:13
共感力
共感力は、創造力の源であり、リーダーシップの基礎であり、今後のグローバル社会の重要な原理である。そして、ポストモダンの成熟した社会で最も重要な知的方法論ではないだろうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/21 23:30
一番
自民党は、谷垣総裁が、人差し指をたてて「一番!」と連呼して選挙を戦った。果たして、あの「一番」がどれほど効果的だったのか、1ビジネスマンとして興味深い。ビジネスのスキルの一つに、「チームビルディング」というジャンルがある。そこでは、「No.1になる」という目標設定は、かえってチームの士気を落とすことが多いと教えられる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/07/11 20:05
「成長分野」なんてない
先進国においては、「成長企業」はあれども、「成長分野」なんてない。欧米に追いつけ追い越せの傾斜生産方式じゃあるまいし、経済が成熟した今どき、まじめにやればどの企業でも儲かりますなんて成長事業分野はない。ユニクロの属するファッション業界も、ニトリのいる家具販売も、業界としては低成長で不況だ。政府も野党も日銀も、時代遅れの三流経営コンサルタントと変わらないようにみえる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/04 22:22
交渉は、経緯を知るものが勝つ
交渉は、経緯を知るものが勝つ。普天間の件を見ていて、改めて再確認した。かねてビジネスで度々思っていたことだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/10 22:27
物価と金利だけじゃない
日銀の白川総裁のスピーチが面白い。中央銀行は、伝統的には、「物価をみて、金利を操作する。」だったけれども、現代ではそれだけではだめだと、強く主張している。そういう正面からの議論の合間に、時々、クルッグマンやバーナンキへ痛烈な皮肉と嫌みをかましているのが笑ってしまう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/06 18:22
成長戦略
法人税を40%から20%に半減、消費税を5%から7.5%にアップ、労働者の給与を2.5%アップ。という内容で、政労使が合意すればいいのに。そうすれば、当面、税収は変わらず、労働者の懐具合も変わらず、優良な中堅企業に成長と投資に必要なキャッシュが回るようになる。国内の設備投資も海外からの投資も増え、株価もあがる。景気があがって成長し出すと、税も給料も自然に増えるでしょう。素人の浅はかな考えなのかしらん。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/01 21:18
SIMロック破り
日本で発売されるiPADは、ソフトバンクのSIMカードを入れないと携帯のネットワークを使えない。使用できない場所が少ないNTTdocomoでは、iPADを接続できないのだ。日本以外の国では、このような携帯電話キャリアによるしばりがないSIMフリーだ。この日本のSIMロックは、先進的なユーザーの評判がとても悪い。そんななか、このSIMロックを破る方法が出てきた。WiFiルーターである。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/05/20 22:13
出版社のリストラ
大手総合出版社に勤める40代正社員が、リストラを行う会社に応え、早期退職することにした。会社や同僚の動きと、自分の心の揺れを現在進行形で綴った、たぬきちの「リストラなう」日記、というのが、結構、心にしみる。ネットでも話題になっているようだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/04/24 15:35
お金の機能のアンバランス
貨幣の機能は、価値交換機能、価値貯蔵機能、価値尺度機能の三つあると、昔、学んだ。現代では、価値貯蔵機能ばかりが強調されて、価値交換機能が低下しているのではないか。フローの経済が低調な中で、ストックの経済の激しい変動にみんな右往左往走り回っている。どうも、機能の働き具合のバランスが悪いような気がしてならない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/18 23:07
中識層
所得とか資産における中流ではなく、知的レベルにおける中流、つまり、中識層とでもいうべき階層が育っているのではないだろうか。中識層は、ネットで値段を調べて安く買い物をし、一日に何通か携帯メールをする。一つのスポーツに打ち込むほどではないが、健康には関心が高く、適度の運動をしようとする。流行を常に追いかける訳ではないが、自分のこだわりには、少し高いお金を払う。エコの為に2倍高いお金は、払わないが、ゴミは、ちゃんと分別する。ある程度の今の日本の政治のイシューは知っているが、政治的には無党派だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/30 22:02
日本は毎日つぶれている!?
「今の日本の政治をみていると、以前勤めていた、つぶれた会社とそっくり。」と、居酒屋で聞かされて、どきっとして、酔いがさめました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/18 22:08
持続の利益 ”Economies of Sustainability” (2/2)
前回は、レンタルビジネス、保険ビジネス、ブランドビジネスなど、業界特有の構造により、持続の利益が得られる例をみました。それに加え、産業社会からポスト産業社会に移行するにあたって、「会社」という組織そのものが、持続の利益を追求する形にならざるを得なくなっています。ここでは、議論を岩井克人の「会社はこれからどうなるのか」に依ってみます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/15 21:54
持続の利益 ”Economies of Sustainability” (1/2)
産業社会は、規模の利益(Economies of Scale)と範囲の利益(Economies of Scope)を追求したものです。ポスト産業社会では、持続の利益(Economies of Sustainability)というのが成り立たないかと思い始めています。それは、「地球にやさしい」などというモラルや心情だけではなく、低成長でも利益率を向上するという経済合理性に基づいたものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/14 21:13
迷惑
3月1日のニュースで、「トヨタ社長「中国の皆様に迷惑」 リコール問題、北京で会見」との見出しが躍った。昔、日中間で仕事をしていた人なら、少しドキッとしたのではないだろうか。1972年、日中国交回復時に田中首相が「わが国が中国国民に多大なご迷惑をおかけした」と演説したのが、周恩来はじめ中国側の激怒をかい、交渉が止まってしまった。かつて日中関係で仕事をしていた者では、知らない人がいない有名な事件を、トヨタ社長の発言は、思い起こさせる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/07 23:05
下り坂組織のマネジメント
構造的に存立基盤を失いつつある「下り坂組織」を、どうマネジメントして、どう復活させるか、は、好奇心をそそるトピックスである。最初は、身近に「下り坂組織」をよく見かけるので考え始めたが、世間でも思い当たる組織は多い。JAL、自民党、日本代表サッカー。もしかすると日本自体がそうかもしれない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/28 23:01
企業内起業のススメ
日本で、新しいビジネスを創る仕事をしたいというのなら、企業内起業を目指すのが、一番手っ取り早い。日本では、ベンチャーで起業するよりも、大企業の中にいて様々な新規ビジネスに取り組むほうが、より恵まれた環境で、より多くの起業ができる。それは、日本でベンチャー企業の成功が少ない理由の裏返しでもある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/18 07:34
日本でベンチャー企業が育たない理由
日本でベンチャー企業が育たないのはなぜだろうか。もともと、しっかりした技術やサービスをもって起業する例も少ない。また、そこそこ上手くいっても、上場を目指して準備し始めたあたりで、変な関係者が混じってきたり、重大な経営のトラブルが発生しておかしくなってしまう。さらに、上場した後も、ほとんどが伸び悩んで、ホンダやソニーのように大きく伸びない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/02/16 07:44
あなたがJALの社長だったら
あなたがJALの社長(COO)だったら、何をしますか。前原大臣や稲盛会長が、経営の大枠や政治的なことをするとして、社長は、高コストと甘えの体質を変えなければなりません。さて、具体的には、何からしますか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/04 05:48
フリーレンジ
「フリーレンジ」、「インテンシブ」ってご存じでしたか。鶏肉の種類で、ブロイラーでないのが、フリーレンジ、ブロイラー育ちがインテンシブ。オーガニック系のトレンドででてきた言葉です。イギリス人は、とても気にして、レストランのメニューなどでも、「フリーレンジ」というのが、書かれているそうです。日本でもこれから流行るかもしれません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/01/31 21:47
ジャパンサービスの海外進出
ジャパンサービスの海外進出が期待されている。さて、そのサービス業の海外進出には、モノの輸出と違って、金融的手法を磨くことが、ますます重要になってくる。ところが、国内のサービス業で成長した会社は、たたき上げ的に現場の力で伸びてきただけに、えてして、金融的手法の経験が薄く、軽視しがちだ。これが、日本のサービス業の海外進出の大きな課題となってくる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/27 20:55
中国のバブル崩壊について
中国経済の調子がいい。数年前には、上海万博が済むと不況になるかもと言われていたけれども、今では、そんなことをいう声すら聞こえない。しかし、一般論で言うと、調子がずっとよくて、何度も悲観論が否定されて、警鐘も出なくなった頃、ボンとバブルがはじけるものだ。日本も、アメリカも、ドバイも、そうだった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/01/24 22:17
新規事業のコツ =市場調査編=
僕の日頃のいい加減な仕事ぶり故か、既に確立したかっちりした仕事よりも、新規事業を担当することが多い。これまでにない収益モデルで、そこそこのリスクを負って始めたビジネスを数えてみると、この20年で10件以上ある。そういう中で、言われてみれば当たり前なんだけど、現実に重要さを再認識した点を挙げてみたい。今回は、市場調査について。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/17 22:01
「生命保険のカラクリ」岩瀬大輔
ネット生命保険のライフネット副社長が書いた日本の生命保険業界の解説本。ウラ話というよりは、正面から、日本の生命保険業界の構造と本質的問題を指摘している。僕は、関係者故に中立でないコメントになるかもしれないが、いつものようにバラバラと脈絡なく、感じたことを挙げてみる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/14 23:22
原油価格の高騰と高齢化社会
2000年代以降、原油相場は、乱高下しているものの、ならしていえば、それ以前からは、想像もつかなかった高値をつけている。それは、突拍子もないようだが、世界中で進む高齢化も大きな原因ではないだろうか。20年、30年の超長期の「世代間金融」の運用に適した原油という投資商品に、世界中の年金マネーが直接・間接に集まっているから高騰する。平たくいえば、「老後の資金」の投資先として「原油」が丁度よかったからではなかろうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/11 17:32
日本経済の成長
与党民主党には、成長戦略がありません。介護、医療などの主に公的資金に依存した産業は、結局、国内の分配政策の一種で、パイが大きくなるわけではありません。環境、介護、医療は、社会の持続に大切ですが、それだけでは、社会は、持続できないのです。批判ばかりしているのも、もひとつなので、僕なりの成長に向けてのアイデアを書いておこうと思います。名案があるわけでは、ありませんが。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/01/03 21:57
「経営戦略の思考法」沼上幹
経営戦略の本で、実践的だと思った初めての本です。現実の経営戦略策定において、最大の問題は、そもそも「経営戦略とはなにか?」ということにコンセンサスがとれていないことです。ある人が、経営戦略と思っているものが、他の人には、時代遅れの理論を恥ずかしげもなく偉そうに語っているように感じます。それら様々な経営戦略観を整理し相対化するだけでも、議論が建設的になることでしょう。読み取る能力が高い人が読めば、政党の戦略論、省庁の戦略論、新聞社の経営戦略論にも使えると思います。仕分け人も仕分けられ人も、この本を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 1 / コメント 2

2009/12/21 00:59
完璧なトースター
日本の消費財メーカーというのは、次から次へと新しいアイデアの商品を出してきます。もう技術革新の余地もないだろうという商品まで、新商品をだしてきました。例えば、便器、洗濯機、エアータオル、通販の収納家具などなど。僕も、少し考えてみました。今までにないほどユニークなものではありませんが、是非、多くのメーカーさんに力を入れて欲しいものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/12/16 22:56
仕分けられ人のベテラン
とある日本のサラリーマンの家庭で、子供が父親に尋ねた。「お父さんの仕事ってどんな仕事?」「テレビで事業仕分けって映しているでしょ。ちょうどあれの、いじめられている人みたいな仕事だよ。そんな仕事を、かれこれ何年やってるかなあ。」選択と集中とかというお題目で、この10年、日本のサラリーマンは、あの追求される側の席にいつも立たされてきた。仕分けられ人のベテランである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/11/22 21:50
自動車が日本の主要輸出品目でなくなる日
電気自動車が、ガソリンの自動車より多く出荷されるのは、20年後だろうか。そのとき、日本の主要輸出品目から、「自動車」は消えているかもしれない。今日の日経の経済教室にもあるように、ガソリンの自動車は、日本の得意とする「すりあわせ型の技術」によるが、電気自動車は、より海外勢が強い「モジュール型の技術」によっている。僕は、台湾に駐在していた頃、IT製品において、「モジュール型の技術」の大波で、価格がどんどんさがり、みるみる日本のメーカーが敗退していくのを、間近でみただけに、そら恐ろしい気持ちになる。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/18 23:18
格差と産業構造
この数十年、産業構造自体が、ますます経済格差の生まれやすい方向に進んでいる。高度成長期において、製造業は、ある程度の技能の人をある程度の待遇でたくさん雇って中流階級をつくってきた。しかし、今、製造業は、パワーが衰え、中流階級の基盤となったかつての力を持っていない。一方で、現代において益々重要になっている、金融、ソフトウェアなどの産業は、高給を受け取る少数の優秀な人がいれば発展する産業である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/11/04 23:28
医療、介護、環境で社会が持続できるか
菅直人副総理が、雇用対策として、最初に打ち出したのが、「医療、介護、環境」の分野である。しかし、この三つの産業とも、健康保険、介護保険、環境補助金への依存度が極めて高く、収益の殆どは、広い意味の税金(公的支出)に頼っている。このように雇用対策として、税金に頼った分野ばかりに集中していては、雇用の全体量の維持拡大が持続的にできないだろう。パイ全体が大きくならないと、社会全体で介護ヘルパーの方に払うお金もなくなってしまう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/01 21:56
75歳まで働ける社会
日本は、「75歳まで働ける社会」を目指してはどうだろう。人口が減少しようとも、労働力人口が増えれば生産活動が縮小することはない。年金の受給者と受給額が減れば、年金問題も解決する。働いていれば、健康寿命も延びて、医療費も削減される。「75歳まで働ける社会」を実現すれば、消費税率を上げなくても、財政赤字を解消できるかもしれない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/08 22:14
サッカーしてたら、ラグビーだって
民主党政権になって、官僚は、戦々恐々だそうだ。サラリーマンの感覚でいうと丁度M&Aで、会社のオーナーや実質支配者が変わったようなものかもしれない。組織のルールががらっと変わる。今まで目標として一生懸命やっていたことが、やってはいけないことになってしまう。サッカーをしていると思ったら、ラクビーをしているのだよと、言われるようなものだ。官僚の人たちも、東京銀行や三和銀行の人が味わった苦労の半分でも噛みしめて味わって頂くしかない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/09/09 22:53
麻薬的なるもの
あのまじめそうなノリピーも、世界的大スターのマイケルジャクソンも薬物依存だったようだ。こうなると、批判するよりも、恐ろしさが身に迫ってくる。我が身を振り返ると、薬ではないにしても、麻薬的なるものに染まっていないだろうか。財政出動による一時しのぎの景気刺激策、ゾンビ企業の支援。そのときは、気持ちがよくて繰り返してしまうが、決して持続できないものに。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/25 22:57
元気あげてますか?
最近、ちょっと反省。自分の役割をちゃんと果たさなきゃ、果たさなきゃと思い、機能するように、機能するようにって考える。けれども、そうすることによって、却って、接する人の元気をなくしていたとすれば、全然だめですよね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/05 23:13
相場勘のいい人
株式相場などは、正規分布ではなく、ベキ分布になっているという。相場勘のいい人というのは、このベキ分布、ベキ則が、体で分かっている人ではないか。ちょうど、イチローのように球技の上手な人が、放物曲線を体で分かっているように。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/26 20:20
ライフタイムイベントの移動と集中
最近の若い人の結婚は、昔と手順が逆のようだ。結婚式場の経営に関係している人から聞いたところ、最近、結婚式当日には半分くらいの新婦が、既に御懐妊だそうだ。めでたいことである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/12 22:15
スカスカの骨董通り
先日、骨董通りを歩いたら、テナントがあちらこちらで抜けていて、スカスカでした。今日発表の路線価でも、青山は、急落していました。青山通りでは、そんなに目立ちませんが、骨董通りにずっと歩いて行くと、本当に背筋が寒くなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/01 22:19
デイトレーダーにはかなわない
腕利きのファンド関係者が、「いまや、ヘッジファンドも、デイトレーダーには、かなわない。」と言っていて、耳を疑った。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/06/14 22:25
経済の回復は、本当?
米国や日本で雇用以外の幾つかの経済指標が下げ止まり明るい兆しがでてきたという。でも失われた10年を経験した日本人ビジネスマンとしては、どうも半信半疑だ。ちょうど、橋本内閣が、1997年に、景気は戻りつつあるといって消費税率を3%から5%にアップしたときの頃の雰囲気を思い出す。あのとき、僕自身も、幾つらか明るい兆しを感じたものである。しかし、それほどの回復では、なかった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/04 05:03
婚活と独身証明書
ポータルサイト(ココ)の経営に関わっている友人によると、主な収益源の一つは、恋愛結婚サービスだそうです。いわゆる婚活サイト、出会い系ですね。身分証はもちろん、「独身証明書」の提出までも求めていて、高い信頼性が人気につながっているとのこと。いやあ、「独身証明書」なるものを役所が出してくれるなんて、知りませんでした。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/05/31 21:31
サラリーマンのコツ2
以前に書いた「サラリーマンのコツ」が、思いのほか好評だったので、調子にのって、第二弾を書いてみました。いずれも、僕にとって反省のネタでこそあれ、人に説教できるレベルでは、ないんですけれどね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/24 20:41
新聞社の経営改善
新聞社の経営状況が悪い。一時的な不況のせいというよりも、ネットの普及に伴う広告業・メディア業の構造的不振だろう。つまり、景気が回復しても、業態が今のままでは、ほとんどの新聞社がつぶれてしまう。そこで、素人目でみた経営改善策を考えてみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/04/23 07:12
資源配分と金融
宇宙人がはるか上空から、市場経済の働いているところには、赤い色がついて見えるサングラスをかけて地球をみている。その宇宙人の目には、21世紀初めの地球は、ごく一部のところどころだけが、川のように、あるいは、せいぜい動脈のように赤くなっているだけだ。他の大部分は、政府内、企業内、家庭内の非市場取引で、青いままの地球にみえている。うろ覚えだけれども、こんな話が、たしかあった。(なんの本だろう?) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/21 05:53
ワークシェアとカースト制と資源配分と
日本の人口が減少し、低成長となって国全体のGDPが減ろうとも、一人当たりの所得や心の豊かさがそこそこであれば、いいでのはないかと思っていた。しかし、低成長下では、資源配分の調整が難しく、暴動や政局混乱など、資源配分の社会的コストが高くなるのが問題だと思い始めた。そんなことから、色々と迷いでた考えをとりとめもなく書いておきたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/20 07:03
日本株式会社も同じ、GMの年金問題
GMが倒産しそうだ。その原因は、GMが年金で多くの安易な約束をしたからだという。他山の石ではない。日本株式会社は、公的年金において、GMの経営陣と同じ過ちを犯しているのでは、ないだろうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/04/17 04:10
「直球勝負の会社」出口治明
よき団塊世代のよきビジネスマン人生を書いた本。戦後初、74年ぶりに、保険会社を親会社に持たない独立系生命保険を立ち上げた社長の起業物語。それは、大手企業で56歳までサラリーマンとして勤めあげ、退職後、起業した還暦ベンチャー社長のビジネスマン人生でもある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/04/12 21:33
モノによる情報発信
日本は、自動車にしろ電気製品にしろ、モノを世界中に出しているけれども、情報発信が少ないとよく言われる。しかし、モノによって、日本人ってすごいなあと、世界中を感心させているのを忘れてはいけない。むしろモノの方が、アピールする力が強いかもしれない。世界中で、「フィガロの結婚」で感動した人の数より、日本製の車の性能のよさに感動した人の数の方が多いのは、自明だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/03/31 23:54
ビジネス・クリエイターを目指して
今日のお昼、定食屋で隣の席で就職活動をしている学生さんがいた。その会社に勤めて何を目指すのかについて、外面ではなんとか誤魔化しているものの、内心当惑しているのは、隠しようもない。特に、金融・流通・商社など非製造業の場合、「お金儲け」以外の意義を見出しにくい。もっともなことだ。ひとつのヒントとして、「ビジネス・クリエイターを目指す。」という意義付けはどうだろうか。メーカーのようにモノは、創れない。しかし、ビジネスを創る仕事だと。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/30 23:11
高速道路料金の値下げ
28日に高速道路料金の値下げが始まった。僕は、7年前から、当時運営していたホームページで道路料金の値下げを主張していたので、とても感慨深い。2002年9月に「アクアライン、本四架橋などを片道1000円程度に値下げする。」と書いているのだから、ちと、興奮するのもお許しください。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/03/28 17:32
お門違いの被害者と加害者
今回の経済危機で、お門違いの被害者と加害者が出てきて興味深い。妙な理屈で、経済危機の原因のように言われ、加害者にされているのは、小泉改革、ヘッジファンド、派遣制度だろう。一方、あまり関係もないのに、被害者づらして、いい立場を得ようとしているのが、関係なさそうなのに公的支援を受けようとしている企業ではないだろうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/25 06:14
基軸通貨国一国赤字の法則
ある国の通貨を世界の基軸通貨として使えば、必然的に、その基軸通貨国だけが巨額の赤字を抱え、他の国がみんな黒字という状態に行き着くようですね。さらにいえば、世界全体の経済が上手くいけばいくほど、基軸通貨国の赤字額は、大きくなる。そして、最後には、バブルがはじけて世界中が金融危機になる。法則的に。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/21 22:16
ダメリーマンの就活アドバイス
バリバリ働いているかっこいい社会人が輝かしいビジネスパーソンライフを語る。というのとは真逆(まぎゃく)の、ダメサラリーマンのらくちんによるトホホ系就職活動アドバイスです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/06 20:47
次のバブルは、おおきいぞ
数年後、今の世界的なデフレと不況が済んだ後にくる、インフレとバブルは、巨大なものでしょうね。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/03 07:13
チンイツ戦略とメンタンピン戦略
不況になってくると、どこの企業でも、選択と集中とか戦略とかの名のもとに事業分野を絞りこみ、様々な将来の可能性の芽を消してしまう。これは、マージャンの初心者がよくやる、チンイツ、ホンイツばかりを狙う「チンイツ戦略」に陥っていないだろうか。今の時代には、状況の変化に柔軟に対応する「メンタンピン戦略」こそが必要だろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/22 21:00
おもちゃで遊んでな。ぼうやたち。
定額給付金。馬鹿な話だと非難していた世のビジネスマンは、みんな、いまや足元の火事を消すのに手一杯。くどい議論に付き合う暇もない。マスコミ、政治家、官僚連中なんて、所詮、害をなすか、無駄をするかのどちらか。社会的被害が小粒の政策で彼らの時間がつぶれ、大きな被害をだす政策が実行されなければよしとするしかない。おもちゃで遊んでな。ぼうやたち。てな気持ちでは、ないだろうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/02/10 00:41
エンジンが壊れるほどの急ブレーキ
大手メーカーが軒並み生産を急減させている。こんなに極端に急停止すると、将来、景気が戻ってきても、なかなかすぐには、生産を回復できないのではないか。そう思えるほどの急で大規模な対応だ。エンジンが壊れるほどの急ブレーキだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 1 / コメント 1

2009/02/04 23:44
かんぽの宿
かんぽの宿、オリックスの提示した値段は、べらぼうに高い値段ですよ。「安く買い叩く」なんてものじゃありません。どうみても、高い。その裏になにがあるかは、知らないけれども、高いという事実は、おさえて議論すればいいのにね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/02/01 21:54
多様性の利益と継続の利益
1月4日にこのブログで、これからは、「継続の利益」が見直されるのではないか、と書いた。翌日、偶然、日経新聞の経済教室で、青木昌彦氏が、「多様性の利益で課題解決」と述べていて驚いた。「多様性の利益」と「継続の利益」とは、とても親和性が高い。更に、1月6日の日経で、岩井克人氏が、「効率性と安全性の二律背反」について述べている。これも何かの縁、これらの概念の関係を少し考えてみようと思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/11 22:14
現代の金融危機の新しい特徴
これまでの金融危機に比べて、今回の金融危機がもっている新しい特徴について考えてみた。それらの特徴は、構造的なものゆえに、今後に起こる金融危機についても、共通しそうである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/01/04 21:39
サラリーマンのコツ
もうかれこれ20年以上やってきたサラリーマンのコツのようなものを幾つか紹介しよう。いまだに不器用でKYで気配りのできない僕が説教じみたことをするなんてちゃんちゃんらおかしいけれど、客先や友人の姿をみて、そしてなにより、自分のいた〜い失敗の数々から感じたことを書留め、自戒にもしたいと思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 28 / トラックバック 1 / コメント 7

2008/12/29 00:00
たかが、されど百年に一度の経済危機  されど編
前回、「たかが百年に一度の経済危機」と書きました。今回は、「されど、百年に一度の経済危機」の話です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/12/15 00:58
たかが、されど百年に一度の経済危機 たかが編
「百年の一度の経済危機だから、これから何が起こるか想像もできない。」といって、天地がひっくり返ったように、びびって縮こまっていてもしかたありません。そうはいっても、百年に一度くらいは、人類が経験していることですし、同種の小さな規模のものは、数年に一度出くわしています。産業革命とか、鉄器の発明とかといった歴史上の大変化よりは、小さいものだと理解するべきでしょう。たかが、百年に一度の経済危機、されど、百年に一度の経済危機です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/12/14 22:37
金融不安の備え、○×△
金融不安について、僕も、局面局面でいくらか先の予想をし、そのうち一部は、このブログにも書いた。ここらで、そんな過去にした予想を自分なりに見直してみようと思う。まずは、予想しきれなかった「×」から。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/08 22:25
見識のある国民
定額給付金については、過半数の国民が反対、将来の消費税の増税については、過半数の国民がやむを得ないと同意しているという。なんと、国民は、見識があるのだろう。そして、それに比べて、なんと政治家の見識のないことだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/30 21:20
小室哲哉の詐欺事件
小室哲哉が詐欺容疑で逮捕されました。僕は、数年前、あのお話を小室の関係者とやらから聞いたことありますよ。詳細は、忘れてしまいましたが、何らかの音楽の権利を管理する会社が絵にでてきて、詳細をつめる段には小室本人との席をセットする、というような同工異曲の話でした。丁重に、しかし、即座にきっぱりとお断りしましたけれどね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/11/09 21:54
バブルとは、信用である
バブルとは、信用であり、信用とは、バブルである。金融の重要な機能である信用創造は、バブル創造でもある。貨幣は、そもそも信用に基づくものであり、バブルの歴史は、貨幣の歴史と同じだけ古い。人類が貨幣を採用したとき、バブルの生成が制度的に社会に定着した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/06 23:08
円はまだまだ、株はそろそろ?
日本の株はそろそろ下げ止まり、円高は、まだまだ先にいくような気がしてなりません。円高と株安が同時に進行したものの、この数日、株も円も少し戻した今日この頃です。どういう気分で「円はまだまだ、株はそろそろ」と感じているのか、自分が後から振り返って参考にするために記録しておこうと思いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/03 00:11
金融の年
今年、このブログの年頭のエントリーに、「金融、金融、金融」と書きました。本当に、今年は、金融の年となりそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/10/29 22:45
過去と未来への手紙
アンジェラ・アキの「手紙〜拝啓十五の君へ〜」は、15歳の自分が未来の自分への手紙で生きる悩みを打ち明け、未来の自分が励ます感動的な歌です。でも、もし本当に過去の自分に手紙を書けるなら、もっと現実的になりそうですね。「三番目の彼氏と別れるな。」とか、「A銀行は破綻する。就職は、Bメーカーに。」とか。ゴールドマンサックスのトップを長く勤めたポールソン財務長官は、果たして過去の自分にどんな手紙を書くのでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/24 06:56
金融的とは何か
金融業界の方とビジネスの話をしていているときに、「あのビジネスには、金融的面白みを感じない。」と言われて、はっとしたことがある。ことわっておくが、その方は、別に今回問題となっている投機的金融屋さんでもなく、まじめに自らの生業の社会的意義を考えておられる方である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/20 22:45
「資本主義は嫌いですか」竹森俊平
サブプライム問題後読んだ、資本主義もの、バブルもののなかで、一番面白いように感じました。適度に理論的で、適度に面白く書いてあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/10/16 00:42
金融恐慌つれづれ
今回の金融恐慌について、昨日は、消費者にとってのコメントでしたが、今日は、ややビジネスマンよりのつれづれ思うことをならべてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/10/13 21:47
みんなの世界恐慌
百年に一度の世界恐慌に遭遇してしまいましたね。僕達一般人にとっての世界恐慌について、飲み屋のネタ程度のつれづれ話を書いてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/12 21:38
ドル安への備え
選挙が近いということで、与野党のいろんな人がテレビなどにでてきて政策論議をしている。でも、論点そのものが、ピントはずれの感じがする。僕が議論して欲しいと思うのは、今にも将来起こりそうなことにどう対応し、準備するかである。具体的に三つ例をあげよう。ドル暴落の場合、アメリカが金融危機回避のために日本に奉加帳的に負担を求めてきた場合、そして、直接金融の見直しの議論である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/30 00:21
大型投資あれこれ
三菱東京UFJがモルガンスタンレーに、野村證券がリーマンのアジア・欧州部門に、バフェット率いるバークシャーがゴールドマンサックスにと、大型投資のニュースが続きました。どれがよい投資で、どれがいまいちの投資でしょうか。門外漢の素人談義です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/09/28 21:35
1997年の忘年会
山一證券が破綻した1997年の暮れに同級生とした忘年会を、先週、まざまざと思い出しました。金融系、役人、メーカー、商社に勤めている30半ばの男達が、食い放題4千円(だったか?)のすしをつついていました。「なんか、世の中の経済がしーんと静まり返っている感じがしない?」と僕が水をむけると、みんなそれぞれの分野で同感しているようでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/09/24 23:09
金融系小ネタ
最近話題の金融系のニュースに関する小ネタをいくつか紹介します。ウラをとって確認していないので、「飲み屋でのまた聞き」程度に受け止めてください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/20 22:02
リーマンの破綻
今のアメリカの金融の動きは、丁度日本がポストバブルでやってきたことを早回しのビデオでみているようです。リーマンの破綻は、ほんとに山一證券の破綻をビデオでみるような思いです。ところで、アメリカでも大変だろうけれどヨーロッパへの飛び火が大きな災難になりそうですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2008/09/15 22:39
合コンとネットビジネス
合コンによく参加している。しかも合コンの場で、ギャグやトークがうけている。でも、恋人ができない。自分は、単なる盛上げ屋?・・・そんな悩みを持っている人、けっこういますよね。いま、ネットビジネスでますます深くなっている悩みは、そんな合コンの悩みと同じなんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/08/19 20:41
「自滅する企業」ジャグディシュ・N・シース著
エクセレント・カンパニーを蝕む7つの習慣病として、現実否認症、傲慢症、慢心症、コア・コンピタンス依存症、競合近視眼症、拡大強迫観念症、テリトリー欲求症をあげている。現実のビジネスをしていると、結構、世間で「すばらしい企業」と思われている企業に、まさにここであげているような症状がみられるので面白い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/27 21:38
メディアとサービスとモノ
脱産業社会におけるビジネスは、どうなるのか。産業化社会とは、煎じ詰めれば、モノの生産に重点をおいた社会であった。そこから、脱産業化社会は、消費者へのパワーシフト、情報化、サービス産業化、という波にのりながら進んでいく。具体的なビジネスとしては、従来のモノビジネスに、情報化に対応したメディアビジネスとサービスビジネスをどう融合するかが鍵になるだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/07/21 22:20
リーチだけじゃ儲からない
消費者を囲い込めば、商売は、勝ったも同然。今は、儲かっていなくても、また、どう儲けるかが分からなくても、リーチやアクセス数を確保さえすれば、将来必ず儲かる。なんてネットビジネス勃興の頃は、よく言われた。しかし、いまやリーチをとりさえすれば儲かるという考え方は、通用しなくなっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/07/11 06:00
クールビズの次は、フレックスビズ
子育て支援と通勤地獄緩和のため、社会全体で、時差出勤を大規模に導入すればいいと思う。クールビズで、小泉さんがサラリーマンから喝采を浴びたように、福田さんも、フレックスビズで人気を得られるのではないだろうか。スモールポリティックスといわれても、サラリーマンとしては、一票いれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/07/09 00:10
仕事への期待と現実
「秋葉原の事件、気持ちは、分かる。」と複数の若者に言われて驚いた。仕事に対する、今の不満と、将来の不安。そこに共感する部分があるようだ。「中国の田舎の人と同じことしかできない人は、中国の田舎の人と同じ給料。」というのが、グローバリズムの本質とすれば、その本質が、具体化し重い現実となって、若者にのしかかっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2008/07/02 22:18
新興市場公開会社の株主総会
株主総会の季節だ。株価の低迷しているジャスダックやマザーズに上場している会社の株主総会は、厳しい。多くの会社で、株価は、公開時の数分の一になっている。株主から「株価対策は?」と質問されても、まともな答えができない。打ち手がないのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/30 23:08
エンパワーメント理論とこれからのビジネス
メンバーが協調しつつも、創造的な仕事をしなければならないポスト産業社会の組織においては、お金・報酬だけでメンバーの動機付けをするのは、難しい。そこでは、経営学でいう動機付けに関するエンパワーメント理論が注目されている。この理論では、内発的な動機付けとして、自己効力感、影響感、有意味感、選択(自己決定感)の四つの次元があるとされる。この四つって、組織活性化だけでなく、値段以外の社会的価値を求める現代の消費者向けのビジネス、ひいては、企業クライアント向けビジネスでも、使える視点じゃないかしらん。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/24 04:50
中距離コミュニティの時代
これからは、中距離コミュニティが浸透していくような気がしてならない。近すぎず遠すぎない通勤圏程度の距離に住む人たちが、共通の趣味や嗜好によって仲間となる。普段は、メールやSNSなどのネットで連絡を取り、月に数度実際に会う。こうした中距離コミュニティを狙ったビジネスが、今後、着実に伸びるのではないだろうか。アメリカのSNSフェースブックも、もともと大学という中距離コミュニティに向けたメディアであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/06/18 00:06
商社の儲けすぎ批判
商社の儲けすぎ批判が、エスカレートしてくるような気がしてならない。各商社は、資源高で軒並み好業績。しかし、儲かった人は叩くという今の日本の世論においては、いかにも標的になりそうで危なっかしい。消費者ビジネスに弱くて一般の人になじみがないせいもあって、もともと世論に対するアピールも下手くそだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/15 21:20
中国の二つの愛国心
中国を知る人が、いや、知る人ほど驚いている。四川地震について、中国政府と中国人の対応が、予想を超えて驚くほどちゃんとしている。中国に対して暖かくはあるが決して甘くはない中国ウォチャーの津上俊哉さんが、中国を知る人のそんな気持ちをうまく語っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/06/11 23:58
あなたの会社のインパール作戦
史上最悪の作戦といわれるインパール作戦。その失敗の分析を読んでいると、今の日本の会社でも、あちこちで行われているような気がした。関係当事者の多くは、明らかに無謀な作戦なので、自分が強い反対をしなくても、実行許可が下りるはずないと信じていた。トップと人的関係の強い牟田口中将がするすると実行許可をとってしまった。身近にあるんじゃないだろうか、Docomoのロゴ変更とか、裁判員制度の導入とか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/06/08 21:40
サミュエルソン「世代重複モデル」と年金、金融
19日、社会保障国民会議が「税方式」の年金の試算を公表した。そんな折、サミュエルソンの「世代重複モデル」は、年金とは、貨幣とは、信用とは、バブルとは、なんだろう。金融の本質は、なんだろうと、いろいろな考えを頭に浮かばせてくれる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/05/21 00:01
ビジネスのクリエイト
らくちんのお仕事の宣伝を二つ。一つは、今日、開業した、ネット生命保険「ライフネット」。もう一つは、介護の情報提供をする「かいごのみかた」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/05/18 09:39
マーケティングと絢香
敏腕プロデューサーが、デビュー前の綾香に、「どんな歌手になりたいですか?次の3つから選んでください。」と尋ねた。 @ ヒットチャートで1位に A 満員の武道館でコンサート B 1通の熱い手紙が届く「あなたに救われた」と そのときの綾香の答えを見て、このプロデューサーは、絢香のブレークを確信したという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/05/14 23:48
金融機関は、金融庁の子会社
僕のような一般企業の人間の目から見ると、日本の金融機関は、金融庁の子会社のようだ。一般企業が投資先にしている統制のレベルを、金融庁の行う金融機関への統制に、あてはめてみるとそう思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/05/06 01:12
財金分離よりも政金分離
日銀総裁の空席を招いた民主党の主張は、金融政策の財政政策からの分離という、「財金分離」論であった。しかし、もともと金融政策にとっては、財政政策からの分離より、人気取りの為の政治的駆引きからの分離の方が重要だ。大切なのは、金融の政治からの独立性確保、すなわち、「政金分離」のはずだ。野党の政治的思惑で日銀総裁が決まらないのは、「財金分離」より大切な「政金分離」を正面から壊してしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 9

2008/04/05 22:05
日本版国家ファンドなんて
中央銀行トップすら空席にしてしまう国の政治が、国家ファンドを設定するなんてちゃんちゃらおかしい。内外のプロの意見を集約して経営するというなら、その結果が、新銀行東京では、なかったか。改めて思う。この程度の日本の政治家に、国家ファンドなんて、関わらせてはいけない。あほうに刃物を与えるようなものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/03/29 21:06
日本の不動産市場の崩れ
24日に公表された公示地価(08年1月1日時点)は、2年連続上昇したという。しかし、実際は、今年1月末頃をさかいに、相場が崩れているのではないだろうか。(小ネタです。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/28 07:36
長期保有投資家への優遇
株を長期保有する投資家に対する優遇策を制度的に準備するべきではないだろうか。投資家側でも、長期のより有利で安定的な投資を望む資金も多い。また、企業の方もより長期の視点をもつ投資家を望んでいる。こうして、潜在的な需要と供給のニーズがあるのに、それを満たす金融商品、金融手法がない。金融業界の抜け目の無い人たちが、その現状に手をこまねいているのは不思議だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/17 23:48
二度とあってはならない過ちへの備え
「二度とあってはならない過ちで、再発防止を徹底する」という謝罪会見を最近よくみる。しかし、一度起こることは、どんなに再発防止策を施しても、二度、三度起こるのではないだろうか。再発防止策も大切だが、むしろ再発したときの対応策の準備にももっと関心をむけたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/03/10 23:02
感情労働
「肉体労働」、「頭脳労働」などに並んで、「感情労働」という言葉がある。看護の領域などで言われ始め、人間を相手とするために高度な感情コントロールが必要とされる仕事をさすらしい。看護士だけでなく、多くの人が感情労働者ではないのだろうか。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/02/28 23:16
あまのじゃくは、多数派か?
僕は、職場の近くのコーヒー屋さんで、モカのトールを買うのが日課だった。毎日毎日、410円は、なかなかふところに響くが、やめられない。ある日、別のことを考えていて、注文をするのが一瞬遅れた。気の利く店員さんが、さすがに毎日来る僕の顔を覚えていてくれたのだろう、親切に「モカのトールですね。」と言ってくれた。素晴らしい店員。最高のサービス。しかし、僕は、その後、なぜかその店に行く気がなくなった。モカのトールも買っていない。つくづくあまのじゃくだと思う。僕のようなあまのじゃくが多数派になると、検索連動型... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/02/25 22:19
「リデルハートとリベラルな戦争観」石津朋之
凡そ「戦略○X」という名のついた組織や部署にいる人で、リデルハートを知らないのは、恥ずかしい。戦略論といえば、孫子、クラウゼヴィッツの次に出てくる名前である。特に多角化、総合化し、持続性を重視する日本の大企業などは、絶対戦争、国家総動員、主力の集中などを唱えたクラウゼヴィッツよりも、間接的アプローチを唱えるリデルハートの方が、参考になるように思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/24 20:44
社会との対話力
度重なる企業の不祥事や、タレントさん、大臣、官僚トップの失言をみていて思う。中世化する現代において、社会との対話力のない企業や組織は、永続できない。社会との対話力がないトップを擁する企業は、ヒト、カネといった基礎的経営資源の調達すらままならなくなってしまう。つまり、社会との対話力のない人は、組織のトップが務まらない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/02/19 21:46
「したたかな生命」北野宏明・竹内薫
生物や人間の組織をシステムとしてとらえたとき、「ロバストネス」というのが重要になる。ロバストネスの直訳は、「頑健性」だが、この本では、「しなやかにダイナミックに環境適応する強さ」のような意味で使われている。僕は、こういう、目的手段の論理の連鎖が単純な一直線でない話、複線の曲線的に進む論理を聞くのが好きだ。自分へのメモの意味を込めて、レジュメ風に記しておきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/14 21:22
社会常識
人前で何を言ってはいけないか、世間が許さないかということについて、日本の経産省のトップの社会常識は、倖田來未と同レベルですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/12 23:07
ギョーザ事件
あのぎょうざ工場、責める気がなくなってきました。真剣に日本市場を狙って、日本企業の変な要求にみんなこたえてきたようにみえます。まじめで親日的な会社ですよ。きっと。レイオフされた元従業員のいやがらせとかじゃないですかね。もしそうなら、天洋食品は、被害者ですね。みんなで叩くのは、もう少し冷静に、彼らの過失の内容と程度が分かってからにするべきではないでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/03 20:47
NHK記者のインサイダー取引
ちょっと、今日は、らしくないきつめの表現に挑戦します。NHKの記者が、NHKが特ダネとして報じた企業の資本業務提携の情報を、原稿システム端末などを通して放送前に知り、提携する企業の株を買ったとされる事件。少なくともこの記者は、厳罰に処されるべきで、刑務所にいくべきでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2008/01/20 22:38
商社の貿易離れ
かんべいさんがまとめられた「新貿易立国をめざして」(日本貿易会)を早速読みました。日本は、円高やポストバブル不況を乗り越え、東アジアとの製造分業を苦労して育て上げた。結果、日本の貿易は、まだまだ強く、経常収支黒字が続き、日本の経済を支えている。とのことです。一方で、商社の日々の仕事からは、みるみる貿易の仕事が減っているように感じます。ならば、商社は、乗り遅れたのか、一体、何をしてきたんだろう。と、嘆息してしまいました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/01/14 21:23
グリーンスパン「波乱の時代」
正月休みに読みました。現職中のあのもってまわった言い回しすべてが、実は、彼一流のジョークだったのではないか。そう思わせるほど、この本は、率直で、エンターテイメントにあふれている。そして、データに基づいた確かな見識は、今と将来を見据えるのに役に立つ。新年にあたっての挨拶やコメントをしなければいけない人は、下巻だけでもめくれば便利では、なかろうか。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 2

2008/01/06 22:31
金融、金融、金融
新年4日、大初会で過去最大の下落をみてあわをくった日本政府は、グリーンスパン氏に日本の金融界の大物を派遣、今年5月に任期を迎える福井日銀総裁の後任に、同氏の就任を依頼した。時候の挨拶から始まる日本人のもってまわった曖昧模糊とした言い回しから、さすがのグリーンスパン氏も、日銀総裁就任要請という意味をくみとれず、会談は、不首尾に終わった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/01/05 22:33
中世化するビジネスの落とし穴
中世化するビジネスには、幾つか落とし穴があるだろう。魔女狩りや村八分を連想させる湿り気のある社会的制裁、付加価値の低い「つなぎ屋」の衰退、マス広告の効果の減衰などが予想される。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/12/30 07:50
中世化するビジネス
国際政治、経済と同様、中世化していく現代のビジネスにおいて、我々は、どう対応していくべきだろうか。結論からいうと、経営戦略は、サステナビリティ(持続可能性)、市場戦略は、ムラ社会化(断片化)、商品戦略は、サービス化が、鍵になるように思われる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 6

2007/12/26 01:04
ゴールドマン・サックスと「狼と香辛料」
アメリカの大手証券の殆どが、サブプライムで巨額の損失をだしたなか、ゴールドマン・サックスだけが利益をだしています。そのゴールドマンが稼いだ方法が、そのまま、来年アニメが始まる「狼と香辛料」の第三巻に出てきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

2007/12/24 21:31
中世化する経済
日欧米の先進国は、経済もまた、中世化している。(国際政治の中世化については、ココ御参照)製造業の役割低下、格差社会、多様な経済主体の複雑なからみあい、そして、成長の鈍化。つまり、産業構造、経済配分、経済主体、経済成長という、まさに経済の主要な骨格が、近代から中世のものに近づいてる。そりゃ、ずいぶんと違った世の中に感じるのは、当然のことですわい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 2

2007/12/22 17:58
日本の政府系ファンド構想
僕は、全く馬鹿馬鹿しいアイデアだと思う。日本の政府系ファンドなどというアイデア考えている日本の政治家がいると聞いて、絶句してしまった、(例えば、ココ) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/12/02 23:08
ゴマスリにワルノリ銀行
サブプライムの三大メガバンクへの影響をみると、海外での証券化業務に出遅れていた三菱UFJ銀行が、最も損失が少なかった。一方で、海外展開に最も積極的だったみずほが一番打たれた。プロセスが正しそうに見えるほうが、結果で負ける。こんなことは、ビジネスでよくあることだ。しかし、結果で負けたほうも、もともとメディア、アナリスト、金融庁などが打ち出すトレンドに盲目的に追従する風がなかったか。もうしそうなら、ゴマスリにワルノリする体質が、必然的に、損失を生んだことになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/24 00:36
「狼と香辛料」支倉凍砂
雪斎さんのブログでの紹介を見て読んでみたら、はまりました。商人のなれの果てともいえる商社に勤める身では、こういうロマンあふれる商人の物語を読むと本当に癒されます。現代の商社で仕事をする上でも通じる、とても本質的で大切なことを、語っています。来年から始まるアニメが楽しみ。文科系の学生さんも就職活動の参考に読んでみれば、どうかしらん。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2007/11/18 21:02
コンプラ不況
不祥事とお詫び、コンプライアンスと内部統制の連呼の中で、「コンプライアンス不況」(木村剛氏)が起こりそうだ。行き過ぎた社会的制裁は、普通の市民に却って不利益をもたらしている。そしてどの企業も、すねに傷持つ身なので、「行き過ぎだ。」なんてとても言えない。消費者は、王様だ。王様は、裸だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2007/11/13 21:00
不祥事社会
大学時代の仲間のOB会に出席したら、どの業界も会社も、不祥事、不祥事で対応にてんてこまい。毎年来ていた人が欠席したり、来ている人も、「もう大変」と嘆いたり。日本、不祥事社会だ。不祥事を起こすほうも悪いのだが、どうも騒ぎすぎのような気もしてくる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/11/11 22:22
90歳以上生きます
共に60歳の日本人の夫婦のどちらかが80歳まで生きている可能性は、なんと93%。90歳まで生きている可能性は、半分以上の57%。95歳が28%。みんな、心の準備はできているだろうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/10/29 05:31
カイシャは、最強のテーマパーク
まことに、カイシャは、最強のテーマパークだ。上げられたり下げられたり、右に行くかと思うと、急に左に曲がる。ジェットコースターだってかなわない。泣いたり、笑ったり、怒ったり。ハラハラドキドキ。ボスキャラも日替わりメニューででてきて、飽きることはない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/25 22:52
ファンドと事業会社との違い(2/2)
前回、事業会社がファンド的投資との違いをはっきりさせようと、純投資、政策投資などという分類にもとづくポートフォリオを作るのに一生懸命になるのは、上手くないと書いた。それでは、かえってできそこないのファンドのようになってしまいかねない。そうした投資の分類学ではなくて、投資選択の手法そのものに、ファンドとの違いを見出し、説明しなければならない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/12 06:59
ファンドと事業会社との違い(1/2)
前回、ファンドが事業会社化し、事業会社がファンド化していると書いた。その世の流れは、現実として認めよう。しかし、事業会社は、IR資料において、ファンドよろしく「ポートフォリオ」なるものに言及する前に、自らのどこがファンドと違うのか、はっきり説明した方が、いいと思う。一方で、ファンドもまた、自らと事業会社との違いを説明してもらいたいものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/10/09 23:23
ファンド化する事業会社、事業会社化するファンド
最近、事業会社が、投資ファンドのように行動し、ファンドが、事業会社のように動いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 3

2007/10/07 20:58
「器の大きさ」の具体的な意味
安倍首相の退陣を機に、リーダーの資質としてよく言われる、「器の大きさ」とは、何だろうかと少し考えてみた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/09/24 19:49
氷殺ジェットの自主回収
殺虫剤の「氷殺ジェット」が自主回収されている。火気に近づけるなと注意書きしているにもかかわらず、「氷殺」という名前から、火気のそばで使い事故を起こす人が後を絶たず、とうとう自主回収を決めたという。そこまで、しなければいけないのか、と考え込んでしまう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/09/11 23:10
株主比率20%の意味
株主比率20%というのは、世間でいうほど重い意味がないと僕は、以前から思っている。33.4%以上とか、過半数となると、その会社に重大な発言力がでる。しかし、20%程度をどこかに持たれたからといって、株主の「傘下いり」と思うのは、どうもピンとこない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/09/09 20:40
稟議書は、ポルノ風に
会社の稟議書(組織内部の合意を得る文書)は、ポルノ小説風に書くべし。と、僕は、仕事仲間に言っては、ひんしゅくをかっている。ところが、先日読んだ本(ココ)によると、名演説家といわれた故・渡辺美智雄は、「演説は、ポルノ調を旨とすべし」と言っていたという。我が意を得たり。同じことを思う人もいたものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/02 21:36
くまのプーさんの金融論
金融は、もともと実体経済に付属して暮らしていた。それが、今、隠しきれないほど大きくなった自分の身の置き場に困っているようにもみえる。そう、はちみつが大好物のくまのプーさんが、「♪ぼくはただのく〜も(雲)」と、歌いながらはちの巣に迫るこっけいさに通じるものがある。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/08/26 20:58
取り残される日本
「美しい日本」とか「とてつもない日本」などと、政治家は、言うけれど、アメリカと中国だけでなく、中東、ヨーロッパなど世界を見渡すと、「取り残される日本」が正しい現状認識だろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 2

2007/07/24 20:51
参謀タイプ
僕は、参謀タイプです。なんて自分から言う人は、だいたいいい加減な奴だ。−と、多くの会社を渡り歩いてきたフリーのシステムエンジニアから、言われ、少なからずショックを受けたことがある。世の中には、そういう人も多いし、自分だって、時々、そうじゃないかと思うもの。しかし、確かにそういわれて、周りを見渡してみると、結構、正しい指摘だと思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/06/24 21:03
コムスンと焼畑行政
訪問介護最大手のコムスンが、厚生労働省から厳しい処分を受け、事業継続ができない状態になっている。コムスンが悪いのは、間違いないが、長期的な行政という視点でみれば、民間企業を煽って、短期的に事業を立ち上げようとする焼畑行政のあだ花の観もある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 7

2007/06/10 01:15
松岡大臣
あんなことで死んでいると、サラリーマン、命が幾つあっても足らない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2007/05/29 20:48
健全な利益循環
医療や福祉の実態を聞いていると、もっと明示的に「健全な利益循環」を制度の目標として設定すべきだと思う。そうでないと、どんなにすばらしい運動や組織も、長続きしない。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 5

2007/05/20 20:36
サービスのメディア化
サービスのメディア化の波が来ている。経済におけるサービス業の比重が増すに従い、社会も資本もなんとかサービス業で大規模なビジネスを展開しようとする。しかし、元来、サービス業は、それぞれが小規模なビジネスだった。そこで、様々なサービス業が、メディア化することによって、大規模化が難しいサービス業を大規模化しようとしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/04/08 21:20
長生きリスク
長寿になった日本社会に住むものとして、長生きリスクをどうヘッジするかが大切だと思う。思いのほか長生きして、お金がなくなってしまうと困る。それが不安で、高齢者がたんと預金をもっている。日本の個人金融資産は、1400兆円である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 20 / コメント 3

2007/03/25 21:57
史記
(史記を読んでいたというホリエモンの話を聞いた、超多忙のビジネスマン)史記、読みたいなあ。電話もメールもない部屋で、麦飯食って、一日8時間寝て暮らしたい。史記読みたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/22 07:27
杭は、打たれないように出るべし
サンプロに出ているホリエモンを見て思いました。杭は、打たれないように出なきゃ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/03/18 23:27
正統性と実効性
民主主義と自由経済というのは、実は、最も正統性の証明しにくい制度ではないかと思い始めている。結局、実効性のみで、しかも長期の実効性のみで、正統性を証明せざるを得ない制度ではないだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/03/04 22:02
「構造改革の真実 竹中平蔵大臣日誌」
どうも「学者をきどる気障な実務家」という印象がぬぐえず、飛ばし読みでもしようと斜に構えて読み始めると、思わず引き込まれて止まらなくなった。とても面白い本だ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/02/25 14:43
「厳しい批判」の簡単な作り方
批判というのは、簡単なものだ。特に、対案なき批判においては。批判には、いくつか単純なパターンがある。そのパターンに則っとれば、結構簡単に、効果的なものを繰り出せる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/21 07:07
サッポロ買収の予言
昨年末、ぐっちーさんは、サッポロが買収の標的になると、ホームページで見事に予言していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/02/17 21:19
利益なしでは、世の中を変えられない
就職活動中の学生さんや入社して数年の人が、社会に貢献する仕事をしたいと熱心に語る。よく聞いてみると、「会社ではなくて、NPOでやれば?」と、思うようなことも多い。長期的に大きく世の中を変えるには、利益を、即ち、儲けを産むようなことをしなければならない。と、おじさんは、思うのだが。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/02/16 07:21
不二家レストランに行く
今日、不二家レストランに行ってきました。すいていてよかったです。お勧めですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 0

2007/02/11 22:02
仕事のカネと生活のお金
仕事で扱う大きなカネと、生活に使うお金の、単位の大きさの違いに未だに戸惑うことが多い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/30 22:49
洗濯乾燥機の発火
三洋電機の洗濯乾燥機から発火事故が起こっており、リコールがされた。僕がこのblogで、「いまはやりの洗濯乾燥機の不良が多い。熱を持つ製品だけに、これは、将来、大きな問題になるのではないだろうか。」(1月15日、ココ)と書いた通りのような事故が起こって、恐ろしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/01/28 13:36
穏当な判断への厳しい批判
日銀の金利据え置き、米軍のイラク増派、教育再生会議と、最近、意思決定担当者の結論が、厳しく批判されている。どれも、少し考えると穏当な結論といえるようなもので、それにもかかわらず、評判が悪い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/01/25 07:05
洗濯乾燥機の不良問題
いまはやりの洗濯乾燥機の不良が多い。熱を持つ製品だけに、これは、将来、大きな問題になるのではないだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/15 23:08
政治はゼロサムゲーム、ビジネスはプラスサムゲーム
政治は、ゼロサムゲームで、ビジネスは、プラスサムゲームだ。僕は、大学での政治学の講義からそう感じ取り、結局、自分にはゼロサムゲームは向かないと思って営利企業に就職した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/11/21 22:30
人民の、人民による、人民のための、景気回復
いざなぎ景気を超えて戦後最長となる今回の景気回復は、決して、どこぞの政治家や、官僚や、エコノミストのおかげではない。リストラに耐え、こづかいを減らされ、それでも、なんとか活路を見出そうと創意工夫をした市井の人々のおかげだ。小泉さんの演説や竹中さんの作った委員会によるよりも、日本の労働者・サラリーマンが頑張ったからだろう。90年代後半の一つのエピソードを紹介したい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

2006/10/24 23:41
30代
40代と題する僕のコラムに、30代の方から貴重なコメントを頂いた。(ココ)僕の書いたことに批判的なコメントが殆どだったが、正直言って、どのコメントももっともで感心してしまった。今日は、頂いたコメントに対して感謝を込めた感想という意味で、30代について書いてみたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/09/20 00:43
サービス業の大規模化の方法
前回は、サービス化の波にさられるネット企業が、サービス業の小規模性という本質的課題に直面しているのではないかと書いた。(ココ)そこで、今回は、一旦、ネットビジネスを離れて、一般的にサービス業が、規模を確保するためには、どういう方法があるのか見てみる。大きく次の四つがあると僕は考える。ここでは、小売業もサービス業と考え、例示してみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2006/08/29 23:40
サービス業とネット企業の成長の限界
成長の限界がみえはじめたネット企業が増えている。これらのネット企業は、ビルゲイツの言うようにサービス化の波にさらされている。そのサービス業は、本質的に規模の拡大が難しい。つまり、ネットビジネスは、今、サービス業の本質である小規模性の問題に直面し、成長の限界を露呈しているようにみえる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2006/08/28 21:57
サービス業の本質
僕は、以前に、ココで「インターネットビジネスは、サービス業である。インターネットビジネスを製造業と勘違いしている人が多い。」と述べた。そう言ったてまえ、一旦ネットの議論から離れ、サービス業の本質は何かということについて基礎から考え直そうとしていた。この点について、丁度、「リテール金融マーケティング」(戸谷圭子)の中に、示唆的な記述があったので、記しておこう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/08/20 23:00
SEO
インターネットビジネスでは、GoogleやYahooでサーチをかけたときに、自分のサイトが上位に来ることが死活的に重要になることが多い。そのため、サーチエンジンで上位に来るための手法=SEO(サーチエンジン・オプティマイゼーション)に、皆必死になる。計らずも、僕も、このつれづれブログで実際にそのあたりの体験をした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/15 00:07
新F3層と新M3層
マーケティングでは、消費者を年齢と性別によって、F1、F2、F3、M1、M2、M3とターゲット層を分類する。この分類で50歳以上の女性が全て含まれるF3層を二つに分けて、「新F3層」と「F4層」とに分ける、男性もM3層を「新M3層」と「M4層」とに分けるべきだと僕は思うがどうだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/01 04:25
大阪商人の教え
商ハ笑ニシテ勝ナリ。大阪商人の教えは、偉大で、そして、ユーモラスです。近頃、日本のサラリーマン社会では、コンプライアンスだ、ガバナンスだといって、社是・社訓やミッションの確認などが、繰り返されています。そんな歯の浮くような言葉よりも、大阪商人の教えは、長年の経験に裏付けられた現実性と重みがあって、心にしみます。藤本義一著のNHKの「知るを楽しむ」のテキストから、大阪商人の教えの幾つかをひろってみます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 1

2006/07/27 00:38
セクハラ防止策
在米日系企業で働く日本人は、日本ではなんの問題もないことをしていても、アメリカでは、セクハラで訴えられる可能性がある。李下に冠を正さず。セクハラで訴えられないためのアドバイスを、アメリカに駐在する友人から聞いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/07/26 00:05
プログラムを書けないシステム・エンジニア
昔から色々と教えていただいているフリーのシステム・エンジニア氏と、久しぶりに飲みました。彼は、プログラムを書いたことのないシステム・エンジニアが増えている現状を心配していました。思えば、僕の属する商社業界も、売買をしたことのない商社マンが増えています。日本企業が誇ったOJTも現場主義も、今や昔の物語です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/07/17 19:56
Qooqle
Qooqleという、とてもユニークなサイトがあります。明らかにGoogleをもじった、胡散臭そうな名前ですが、内容は、とっても軽妙洒脱。技術畑のその筋の人たちでは評判のサイトで、しばらくいじっていると、エレガントとすら感じます。WEB2.0とかAJAXとか非同期通信と言われるネット屋が騒ぐ最新の技術の意味を、こんなに軽快に示してくれる日本人がいることに、ちょっとした感銘を覚えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 1

2006/07/11 00:29
日本での動産担保の融資
日本が金融機能の喪失に苦しんでいた2003年頃に、アメリカのUCCファイルの長所を取り入れて動産融資をもっと効率的にやればよいのにと書いたことがある。(ココとかココ)今日の日経の一面によると、日本でも制度が整ったとみて、アメリカ企業や気の利いた日本の志ある人々が、いよいよこうした事業を本格化するようだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/07/02 21:41
日銀総裁と金貸しの頭目
村上ファンドに投資していた福井日銀総裁が、辞任すべきかどうかという議論がブログでも行われています。賛成・反対の両論とも、とても説得力があって、興味深く読んでいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

2006/06/18 16:27
中国の経済の近況
最新の中国の経済状況について、津上さんが、興味深い報告をされている。一つは、「経済再加熱の兆しを警戒する中国」(ココ)という津上さんがまとめられた報告。もう一つは、中国の研究者による「ミクロコントロールは願いさげ」(ココ)という論文の邦訳である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/14 23:25
村上を見て我が振りなおす
村上氏の逮捕前の記者会見は、評判が悪かった。ふと気付いたのだが、彼の印象の悪い仕草の多くを自分もよくしている。何人かのかつての上司が僕に「おまえ、はやくサラリーマンやめろ」と怒鳴った心境がよく分かる気がした。いたたたた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/06 22:11
シニアとは
シニアとは、何歳以上の人のことを言うのだろうか。自分が20歳のときには、50歳あたりより上の人を、みんな十羽ひとからげで「じじ」「ばば」と思っていた。しかし、この歳になると、改めてその多様性に気づく。50代、60代、70代で次々と起こる、自分の内部及び外部の環境の変化の激しさは、10代、20代、30代に匹敵するほどではないだろうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/06/05 23:36
士農工商
先日(ココ)、商業は虚業かという疑問に対して、自分が就職活動をしていた頃を思い出して考えてみた。そんな文を書いているとまた思い出した先輩のアドバイスを書いておきたい。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/06/02 00:22
中国でメールが使えない!
先週はじめから、中国から日本のメールサーバーにちゃんとアクセスできなくなっている。(この記事参照)中国に関係している僕の知人もたくさん困っている。対策は、メールソフトでアクセスせず、WEBメールを使うのが一番手っ取り早いらしい。いずれにしても、中国から日本のメールサーバーにアクセスする日本人なんて、中国に親しみを感じている人が多いだろうに、どうして中国は、こんなことをするのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/05/29 20:07
CC部長
かんべいさんから「お気楽部長の楽園追放劇」というお題を頂戴しまして、想い出したのが、7年ほど前に知人が作った「CC部長」という言葉です。その頃は、部長も電子メールを使いはじめ、あるいは、使わざるを得なくなった頃でした。とはいえ、意思決定も行動も緩慢なお気楽部長のことですので、客からも部下からも当てされず、部長があて先や差出人のメールは、とても少なく、「CC:○X部長」として、写しを落すメールばかりが部長のメールボックスにあふれます。こんな「CC部長」は不要だという議論でした。あの頃が、追放劇の真... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/05/25 20:24
確率の発想
日本人は、失敗を1%でも少なくしようと一生懸命考える。アメリカ人は、何%かの失敗を前提として、成り立つ仕組みを一生懸命考える。コンピューター・ネットワークでも、BSEでも、発想の違いがよくでていると思う。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/05/23 20:44
通勤電車内の愚痴
通勤電車内でどこぞのサラリーマンが愚痴ともつかぬ話しをしていた。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/05/22 23:49
商業は虚業か
以前(ココ)、サンデープロジェクトで「ホリエモンは、虚業か」という議論をしているのをみて、そういう田原さんの仕事も虚業じゃないのと思ったり、商社という自分の仕事も虚業かなと考えたりした。思い起こせば僕もそうだったが、学生さんは、商社、銀行、証券会社、広告代理店、テレビ局などに就職活動に行くときに、この仕事が虚業ではないかと、一度は考えるのではないか。面接試験でも、話題になりやすい話かもしれない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 5 / コメント 0

2006/05/21 16:25
カメの優勝
祝世界一!日本がWBCで優勝した。めでたい。ビル・エモットの「日はまた昇る」では、ゆっくり着実に歩むカメ(日本)が、足の速いウサギ(中国)に勝つと書かれているが、今回の日本代表の野球チームの優勝は、まさにカメの歩みの勝利で、日本の危機克服の特徴をよく示している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/03/21 20:47
放送と通信の融合:まとめ
放送と通信の融合について、テレビさんとネット君の往復メールの形で、5回(1、2、3、4、5)続けたものの続編です。今日は、ネット君が、最後にいままでの議論をまとめてみたメールです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/15 20:51
放送と通信の融合:テレビの製作現場の感覚
放送と通信の融合について、テレビさんとネット君の往復メールの形で、4回(1、2,3,4)続けたものの続編です。今日は、テレビさんからの最後のメールです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/03/13 21:05
ホリエモンと姉歯とどっちが悪い
先日、勉強会でお話を伺った(ココ)かんべいこと吉崎さんが、今日のサンデープロジェクトに出られていました。知り合いのひいき目ではなく、どの出演者に比べても際立ってまっとうで中味のある発言だったと思う。その番組で行われた「ホリエモンは虚業か実業かという議論」に関連して、少し考えてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2006/03/12 17:24
放送と通信の融合:Media2.0
放送と通信の融合について、3回(1、2、3)続けたものの続編です。今日が、ヤマ場です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2006/03/05 22:39
表参道ヒルズ
先日、仕事で近くに行ったので、平日のお昼に、表参道ヒルズに立ち寄りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/03/03 00:08
放送と通信の融合:四つの形態
前回、前々回に続いて、放送と通信の融合の話です。ご興味のない方には、申し訳ございません。別のコラムもはいりますが、あと数回は、続いてしまいます。今日は、テレビさんからネット君への説明です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/03/01 23:41
放送と通信の融合:ネット君からテレビさんへ
放送と通信の融合に関する、昨日のテレビさんからネット君へのメール(ココ)の続きで、ネット君からテレビさんへのメールです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2006/02/28 23:34
放送と通信の融合:テレビさんからネット君へのメール
ライブドアにも飽きてきたし、ここらでゆっくり放送と通信の融合について考えてみようと思います。若いネット君と年配のテレビさんの仮想往復メールで書いてみました。今日は、テレビさんからネット君へのメールです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/02/27 22:08
貿易摩擦天井と無為の政策
前回(ココ)、舌足らずの説明になったが、4年ほど前から自分の書いたものを振り返ってつなげてみると、僕なりの、サラリーマンの現場から見た、日本経済の輪郭が浮き彫りになるように思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/02/20 21:58
為替介入による景気回復
05年10〜12月期の実質国内総生産(GDP)が年率換算で5.5%増と高い伸び率を示した。今回の長期の景気回復に貢献した政策は、構造改革や金融政策ではなく、巨額の為替介入だとするエコノミストも多い。(例えば、「デフレは終わるのか」安達誠司)どうして、民主党や「抵抗勢力」といわれた反小泉の人達は、この「改革無き景気回復」は、「為替介入による景気回復」だと、明確に主張しないのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/02/19 21:32
匿名じゃない匿名組合
旧友でファンドをやっているMと久しぶりに連絡した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/17 20:58
中国でのヴェンチャー投資
この一年間、中国で、内外のヴェンチャーファンドが集めた資金は、40億ドルに達するという。中国の研究機関の公表したこの数字を、上海に駐在する知り合いのヴェンチャーキャピタリストに、信じられるかどうか聞いてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/16 21:54
ライブドアへのコメントリンク
ライブドアの件については、げっぷがでるほど過剰な報道があって、正面から取り上げてコメントするのは、気持ちがひいてしまいます。僕の愛読しているblog(サイト)でも、みなさんいろんな角度からのコメントがあり、もはや、僕が付け加えることもありません。そこで、ふと気がついたのですが、同じ話題にみんなコメントしているものだから、その反応の仕方に、そのサイトの個性がよくでているように思えます。今日は、僕の愛読blog(サイト)のリンク紹介です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2006/02/04 12:12
ジョブスと「厚み」戦略
前回、囲碁の「厚み」は、実利を生み出す経路が不確定であるにもかかわらず、投資するというのが、難しく、且つ、大切なポイントだと前回書きました。また、「厚み」は、築くことと同じくらい活かし方が重要だとしました。ここでは、アップルのスティーブ・ジョブスのスピーチやジャイアンツの打線などの囲碁以外の分野から「厚み」を考えてみます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/02/02 14:03
しょっきりとホリエモン
福祉大相撲などで「初っきり(しょきり)」というショーがある。機転の利くお相撲さんが二人土俵にでてきて、漫談のように怒ってみたりしゃれてみたりしながら、相撲の決まり手と反則技の数々を面白おかしく、実際にしてみせて紹介する。ライブドアがフジテレビとドタバタやり始めたときにも書いたが(ココ)、ホリエモンは、資本市場の「しょっきり」にでてくるお相撲さんのようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/01/23 22:32
囲い込みから寄り添いへ
僕は、インターネットビジネスにおいて、今、「囲い込み」から「寄り添い」へのトレンドがあるとの仮説をたてた。(ココ)重複もあるが、もう少し深く考えてみると、この仮説は、日本の社会にもあてはまるように思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/19 22:39
中国の就職難
中国は、今、経済が好調にもかかわらず、大学生が大変な就職難だそうです。05年秋の大学卒業生の就職率は、72.6%で、100万人近くが就職できませんでした。そんな就職難のおかげで、なんと、大卒初任給の水準は、年々下がっています。政府の教育部は、来年もこの傾向が続くとしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 3

2006/01/16 23:41
ドッグイヤー
戌年の今年は、景気もよくなって、またぞろドットコムバブルのときのように、「ドッグイヤー」と「ビジネスモデル」を連呼して投資を迫るパワポにいちゃん(パワーポイントを使ってまくしたてるようにプレゼンテーションをする、実ビジネス経験の少ない人。らくちんの造語)が、跋扈するに違いない。しかし、目を凝らしてグーグルのような成功企業をみると、以前にも書いたように(ココ)、ビジネスモデル・モデルは、すでに崩壊しているし、成功の鍵は、一直線なスピードではなく、時間に対してどれだけ柔軟でいられるかのように思える。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/10 21:31
株主資本主義の矛盾
昨年上場したGoogleは、現代のヴェンチャー企業のスターであり、シリコンバレー社会の申し子であり、その意味で、株主資本主義を徹底するアメリカ型資本主義の最先端である。そのGoogleが実は、株主資本主義の矛盾を、あからさまに語っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/01/08 21:21
Web2.0 (4)
これまで3回にわたってWeb2.0を日本にあてはまめるとどうなるか、日本のインターネットビジネスの近未来はどういったものになるか、具体例を挙げてみてきた。[Web2.0 J (1)、(2))、(3)御参照。]今日は、最後に、(1)で書いた目次的列挙を少し修正して、全体に関わる基本的な考え方として、「囲い込みから寄り添いへ」など、結論的に思うところを独断と主観をかなりまじえて書いてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/12/10 22:00
六韜・三略(りくとう・さんりゃく)
かねて「クラウゼビッツもリデル・ハートもよく知らないで、戦略、戦略なんて、恥ずかしくもなく、よく言えるものだ。」と悪態をついてきた。そういいながら、孫子に次いで読まれていた兵法書の六韜・三略を、これまで読んでいなかったのは、ちょっと恥ずかしい。と反省して、今回、全訳本を読んでみた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/12/07 23:03
Web2.0 J (3)
日本でのWeb2.0について、これまで二回、説明してきた。((1)、(2))前回では、ビジネス面での説明が多かったが、今回は、技術面を、インターネットの世界で最近話題になっている技術と、インターネットビジネスに限らずシステムとかソフトウェアのとかの領域で起こっている変化とについて説明したい。言い換えると、前回までは、大部分のユーザーにとって近い過去に起こったことだが、今回は、これからの近い未来に起こることをかなり示している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/05 20:53
Web2.0 J (2)
前回に続いて、Web2.0という考え方を日本の状況に当てはめるとどうなるか、考えていきたい。ネット通販の利用者が、TWOTOPからガールスウォーカーに広がり、ユーザー同士が教えあうのが、2ちゃんねるからmixiになっている状況を順序だてて説明できればと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/11/30 22:34
Web2.0 J (1)
大きな節目を迎えているインターネットの世界について、Tim O'Reillyは、「Web2.0」と呼んで将来をできるだけ具体的に描こうとした。(ココ参照)彼がいうWeb2.0を、アメリカとは異なる面も多い日本のインターネット状況にあてはめて、「Web2.0 J」(Jは、Japanese版の意味)として考えてみれば面白いと思う。その中で、日本独自の動き、例えば、2ちゃんねる、楽天、TWOTOP、はてな、ガールズウォーカー、電車男、mixiなどを位置づけしていきたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/11/28 22:35
サービス化の波
マイクロソフトのビル・ゲイツ会長が社員に対して「来たるべき「サービス化」の波に備えよ」という内容のメモを送った。(ココ参照)これは前回、前々回のこのblogでみたWeb2.0の話のなかでは、「オペレーションそのものが、コアコンピタンスになる」という見方と共通している。また、僕が7月4日に書いた「インターネットビジネスは、サービス業である。」(ココ参照)と通じるものがあると思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/11/23 21:48
Web2.0 No.2
(前回に続く)さて、前回は、Tim O'ReillyのWeb2.0の説明をゆっくり追っていった。その論文の最初に挙げている、Web1.0 とWeb2.0 の具体例を前回は、スキップしたが、ここでそれを説明しよう。前回説明した言葉もあるが、またまた、難しい横文字が新しくでてくるので、解説のあるところにリンクを張っておく。前回同様、論文からそのまま引用したものには、黄色のラインマーカーをした。逆に言うと、その他の部分は、らくちんの独断的解説と受け止めていただきたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/11/21 22:08
Web2.0 No.1
Web2.0という考え方が、インターネットビジネスの関係者の間で話題になっている。Web2.0というネーミングは、まるで既存のワープロソフトのヴァージョンアップ版かのようだが、実は、製品名でも、特定の新しい技術の名でもない。ネットスケープ社が活躍した時代のインターネットの使われ方の状況をWeb1.0と呼び、それに対比するようにGoogle社が活躍している今をWeb2.0と呼ぼうとしている。そうして、この分野の歴史の流れをつかんだ上で、―といってもせいぜい7, 8年のことだが− 次世代のインターネ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2005/11/20 21:04
自己紹介 −経歴、過去の作品・アイデア編
11月8日の自己紹介の続きです。「台湾つれづれ」にリンクが張ってあるので興味のある記事のところをクリックしてみてください。「台湾つれづれ」時代からの読者の方は、繰り返しになりますので、飛ばし読みされてもよろしいかと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/12 23:15
楽天の行動
村上ファンド、ライブドアについて既に書いたので、楽天の行動について、書いてみます。M&Aのアドバイザーをしていた旧友のコメントと、公表された情報とを整理する意味もあります。3年ぶりに、経済評論家の楽野先生と、中小企業を経営する珍助社長の仮想珍問答で書いてみます。(3年前の楽珍問答は、ココ) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/10/25 21:28
ライブドアのセシール買収
ライブドアが通販大手のセシールを買収するという。最低202億円の買収資金をかけて、1500万人の会員をもつカタログ通販事業を傘下にいれ、ネット通販との相乗効果を狙うことになる。僕は、率直にいって、この買収でライブドアが長期的利益を得るのは、難しいと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/10/23 20:19
民と公
ここのところの村上ファンドのやり方は、共通している。証券取引所にしても、球団にしても、放送局にしても、民間企業とはいえ、社会的には公器としての性質の強いものである。そうした会社の株をファンドに大量に保有されると、なんらかの形で誰かが高値で買い戻さざるを得ない。ファンドの側からすると、必ず売り戻すことのできる株であり、利益をだせる確率の高いディールになっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/16 18:04
万国共通の国民性
海外に行くと、まず、そこに住んでビジネスをしている日本の人に、その国の国民性を尋ねることにしている。彼らは、住んで仕事をして初めて分かるその国の国民性を肌で感じているし、なにより、日本から来る人に説明慣れして、簡潔且つ的確に教えてくれる。そうして、南米、アジア、ヨーロッパ、アメリカと色々聞いて回って気付いたのだけれども、どの国に行っても、指摘される国民性に、共通するものがある。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/10/04 00:08
終わりの道すじ
選挙のお祭りも終わったところで、終わりの道すじが問われるものが三つあると思う。日銀の量的緩和、自衛隊のイラク派遣、それに、小泉首相である。どれも、ある一定の評価を得ていたが、そろそろどう終わるのか、終わる時期と終わった後の体制をどう決めるのか、つまり、終わり方を示さなければならない時期が来ている。むしろ、評価する声が高いだけに、後で事態が悪化しないように終わらせるのは、難しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/09/28 22:11
カンパニー制
ソニーが1994年に導入したカンパニー制を廃止するという。やっぱりなあ。と思ってしまう。僕は、昨年の11月に「週刊誌の見出し的戦略アプローチ」と題して、カンパニー制の問題を指摘した。(ココ) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/26 22:06
過不足のない中国認識
中国に対しては、極端な楽観論や悲観論をとるのは危険であって、過不足ない認識が必要だ。大げさに言えば、それが敗戦で日本人が得た貴重な教訓だろう。結論とまではいかないが、幾つか考える材料を提供しようかと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/14 21:31
災害対応担当
米連邦緊急事態管理庁(FEMA)のブラウン長官は12日、ハリケーン「カトリーナ」被害の初動対策の遅れに対する責任をとって辞任した。ブラウン長官を含むFEMAの最高幹部8人中5人は、災害対応の経験が全くないままポストに就いていたとのことである。阪神大震災のときにも思ったのだが、災害対応の担当者というのは、困ったことに、得てして危機管理に向かない人が就任しがちだと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2005/09/13 21:51
負け犬マーケット
どんなに美人で仕事ができても、30代以上・未婚・子ナシは女の負け犬という説が話題を呼んだ。ところが、この「負け犬」に当たる人達は、今の日本の消費をリードしており、この「負け犬」マーケットこそが、企業にとって重要だと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2005/09/06 23:15
試論 インターネット・ビジネスの法則2
インターネットビジネスは、サービス業である。 インターネットビジネスを製造業と勘違いしている人が多い。インターネットは、この15年程で出てきた新しい技術だけに、そこでのビジネスというと、技術志向となりがちで、製造業としてのアプローチをしがちである。しかし、革新的といわれる技術は、この数年、ほとんど出てこないし、出てきたとしても、それは、比較的短期間に競合者が、容易に似たような結果を別の手法でできるものが多い。この点では、全く他社の追随を許さない日本の製鉄業の技術とか、ボーイングとエアバスの飛行... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/07/04 23:38
試論 インターネットビジネスの法則1 
インターネットとテレビの融合などというのが世間で議論されているので、僕なりに、メディアとしてのインターネットについて考えてみた。まだ、体系だってまとまってはいないが、いくつかの思いつきを書き留めておこうと思う。いわば、建物の基礎工事というか、あるいは、その基礎工事のためのボーリング調査のようなものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/07/03 23:36

トップへ | みんなの「ビジネス」ブログ

らくちんのつれづれ暮らし ビジネスのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる