らくちんのつれづれ暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS ポスト長谷部

<<   作成日時 : 2017/09/04 01:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

日本代表がW杯へ予選通過しました。おめでとうございます!ところで、お祝い気分も抜けたこれから、ポスト長谷部を考えなければならないと思いますがどうでしょう。

オーストラリア戦で、長谷部はかなりボールを失っていました。長谷部がボールを持つとオーストラリアの選手がすぐに寄せてくるのをみて、NHKBSのアナウンサーなんて、「長谷部が狙われています」なんて言っていました。まあ、弱いから狙ったというだけでなく、配給の要である長谷部をおさえようとするレスペクトでもあったと思います。

とはいえ、サッカー誌の個々の選手への評価と採点では、説明文ではさすがキャプテンと書いておきながら、採点では、先発メンバーで一番下だったりします。

やはり、一年後のW杯本番で、お歳も召してきた長谷部が全試合先発フル出場というのは、難しいでしょう。そうするとポスト長谷部を考えなければなりません。

ポスト長谷部は、二つの意味があります。キャプテンとしてのポスト長谷部と、選手としての中盤の底の1枚アンカーのポスト長谷部です。

まず、中盤の底の1枚アンカーは、長谷部にピッタリのポジションでした。自分自身のポジショニングがよいだけでなく、他の選手の位置を修正するコーチングもできるからです。そして、ボールの取り合い(デュエル)にも、海外強豪チームとやってもそこそこ負けない。

井手口、山口は、二枚ボランチの一人はできても、背が低いので一人の中盤の底はつらい。特に、相手チームが、日本の弱点とみて、ボールを放り込んできたときには、非常につらい。早速、次回のサウジ戦では、やってくるかもしれません。それにオーストラリア戦の井手口のゴールをみると、もっと前めのポジションで攻撃力を活かしたくなります。

レッズの遠藤に期待したいのですが、レッズでセンターバックをしている上に、今はパフォーマンスを落としています。今野も可能でしょうが、一枚の底をすると、アグレッシブな守備の持ち味が消える気がします。ここは、至急ポジション替えでも養成するか、ベテランを呼ばないといけません。本当は、レッズの阿部が一番ぴったりだと思いますが、どういうわけかこれまで招集されていません。

奇策ですが、本田はどうでしょう。空中戦のデュエルでは、日本選手のなかで特に高い勝率です。本人は認めたがりませんが、守備力は強く、モスクワでは、ボランチをしていました。スピードのある攻撃を目指すハリル監督のサッカーでは、スピードのない本田が前線で活きるのは難しい。それよりも、少し下がり目で、チーム全体をコントロールする方がいいように思います。早速、サウジ戦で試してもらいたい。

キャプテンとしての長谷部の後継ですが、若い世代で適当な人はみあたりません。本当は、ここも遠藤が期待されているのですが、ロシア大会では招集すらされないかもしれません。昌子も期待されますが、国際試合の経験が少なく、キャプテンをするにしても次大会以降でしょう。

従って、ロシア大会は、チームキャプテンは長谷部のままでやり、長谷部が出ない試合のゲームキャプテンは、先発のなかで適切な人を指名するのだと思います。

ゲームキャプテンは、審判に話ができて国際試合に慣れていることが重要です。ここは、ベテランで先発した選手が持ち回りでするのがいいのではないでしょうか。長友、吉田、川島、酒井高徳、本田、香川、岡崎、昌子、大迫の優先順で先発した人がするのは、どうでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ポスト長谷部 らくちんのつれづれ暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる